★東日本大震災で被災★
★された方々の一日も★
★早い復興と、不幸に★
★もお亡くなりになら★
★れた方のご冥福を心★
★よりお祈りいたしま★
す。       ★

 

201103_joyurei

THE JOYUREI ~女優霊~ [DVD]
クチコミを見る

制作年:2009年(米/日)
原題:Don't Look Up
収録時間:86分

カテゴリ:ホラー

監督:フルーツ・チャン

【キャスト】

  • リシャッド・ストゥリック
  • ヘンリー・トーマス
  • カルメン・チャップリン
  • ケビン・コリガン

>伝説的ジャパニーズホラー『女優霊』のハリウッド・リメイク版。謎の幻覚に悩まされている映画監督・マーカスは、それをヒントにして映画の構想を練っていた。そんな中、新作のオファーが舞い込み、撮影の舞台であるトランシルバニア高原に向かうが…。

 

【総括】

リメイク版ということで、オリジナルとの比較は付きまとうのは仕方のないこと。しかし、観た限りでは、リメイクというより背景だけをコピーした全く別のホラー映画でした。

しかも期待を裏切ってオリジナルよりも怖かったです。
さすが欧米といった感じで、ホラー映像、グロ映像がふんだんに盛り込まれています。
オリジナルが心理的な恐怖を描こうとしているのに対し、本作ではリアルな恐怖として表現しています。オリジナルの物足りなさは無くなった作品になっています。

難を言えば、幻覚なのかリアルなのかの区別が付きにくい。
主人公はオリジナルと同じ映画監督。しかもただの監督ではありません。所謂「見える人」の部類に入るのかと。その「見えた」内容を映画化することで、独特の狂気を孕んだホラー映画を制作するらしいです。
この主人公の視点と周りの「見えない人」の視点が入り混じり(実際のシーンカットが入り乱れる)、劇中で何がリアルで何が虚構(もしくは心霊現象)なのか判らなくなり、そのままラストまで突っ走るので、物語を振りかえると「何?」となってしまいました。

まあB級といってしまえばそれまでですがw

 

【ストーリー】

映画監督のマーカスは幻覚に悩まされていた。それは過去に撮影が断念された映画の内容だった。しかしマーカスはこの幻覚を元に、次回のホラー映画撮影の構想を練っていた。

病床の恋人(?)クレアに別れを告げると、マーカスはルーマニア、トランシルバニアへ旅立ちます。

そのトランシルバニアの撮影現場で、スタッフに次々と異常事象が襲いかかるのでした。

 

【所感】

まずは総括に書いたようにリメイクとは思えませんでした。
別に新作としても問題無かったように感じます。

またオリジナルで死亡したのは新人女優(監督は行方不明)だけですが、コチラはそんな生易しい悪霊ではありません。
次々と殺されてしまいます。しかも結構グロいです。

僕的に苦手な「虫」系のグロさがあります。
詳細は続き(ネタばれ)に書きますが、

人間関係もかなり判りにくいところがあります。
筆頭にあげられるのは主人公マーカスと病床のクレアの関係。
婚約者のように取り上げられますが、ハッキリとしません。
また劇中の説明(自己紹介的な)もなしに、いろいろな人たちが出てきます。それはもう次から次へと新しい人が出てきて、ストーリーをいっそう難解にしていると感じました。何度か見返すとハッキリしてくるのでしょうが、もっと絞り込んで欲しいと感じました。

総合評価:★☆☆

  • 面白さ:
    ★★☆☆☆
  • ホラー度:
    ★★★★☆
  • グロ度:
    ★★★★★
  • サイコ度:
    ★★★☆☆
  • ミステリー度:
    ★★☆☆☆
  • サスペンス度:
    ★☆☆☆☆
  • アクション度:
    ★☆☆☆☆

ホラー要素は高いのですが、登場人物の関係が判りにくいこと、ストーリー自体が浅い点を考慮して★3としました。

ストーリーは二の次。怖い、グロいシーンがあればおk。
という方には、まずまずお勧めできるかと思います。

では続きはネタばれということで。


ランキングサイトに登録中です応援クリックをお願いします
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

(続き)ネタばれ注意

 

【主要現場】

冒頭とラストはハリウッド。他は全部ルーマニアのトランシルバニアにある、廃墟となった城跡。

なので現地スタッフはルーマニア語(?)を話します。
その場面は英字での字幕が付きます。
トランシルバニアというと、ドラキュラ伯爵を想像してしまいますが、本作では一切触れることはありません。

 

【オリジナルとの相違】

相違を挙げるよりも、同じ設定部分を挙げる方が早そうなので、同一(もしくはそう取れる)設定を挙げてみます。

  • 主人公が映画監督
  • 撮影現場での異常事象
  • メイキングを撮影している女性の転落死した時のポーズ
  • テストフィルムに映った謎の映像

と。

これだけ???
なんで全く別物と思った方が良いと思います。

 

【バックボーン】

本作は、主人公の見る幻覚(あえて幻覚とします)をストーリー化する過程の話。その幻覚は以下の通り。

中世ルーマニアで悪魔と思われて村人に惨殺されたマーティアと、悪魔を契約したとされる母親のジャビーの話。殺されたマーティアは悪霊となり、彼女が復活するまで村を呪い続ける。

80年前にオルト監督が、その物語を映画化しようと試みたが、異常現象に苛まれ試みは失敗し、世に出ることは無かった。

 

【クレアの役どころ】

判然としませんね。
別にいなくても良かったのではないかと思えるくらいです。

あえて彼女の存在意義を問うのであれば、マーカスの異常性を描きたかったため、といったところでしょうか。

冒頭ではマーカスがルーマニアに旅立つ前に、病床のクレアと別れを惜しんでいるシーンがあり、クレアの弟がマーカスを家から追い出そうとしています。
それは弟がマーカスを嫌っていると同時に、クレアからマーカスを遠ざけるように演出されていますが、実はラストでクレアが既に死亡していることが明らかになります。マーカスの目に映っているクレアは存在しておらず、クレアの弟の目にはベットに置かれた一輪の赤いバラと会話しているマーカスの姿でした。

結局クレアに死亡動機も判らないまま終わってしまいます。


【テストフィルム】

オリジナル同様にテストフィルムに、80年前のオルト監督が撮影した映像が混じります。リメイクであることを思い出させる場面の一つです。いや。これ以外にオリジナルを彷彿させるシーンは無いかと思います。


【襲われた方々】

それぞれの名前は覚えてません。またオルト監督時代のスタッフは除きます(というか映画では死んだとしか触れられていません)。

  • エディー(デイビスの助手、電源担当?)
    電源に群がった蝿に襲われ顔面損傷⇒リタイヤ。
  • ワディーム(ルーマニア人?編集担当?)
    ここは結構怖いと感じたシーンです。
    混入したテストフィルムをディスプレイに映してチェックしていると「人の目がクローズアップされた」映像になります。黒目がギョロギョロと動いて不気味な映像。やがてその目から「蝿」が飛び出してきたと思ったら蝿の大群に群がられ⇒死亡。
  • デイビス(電源担当?大道具?)
    照明が落下してきて直撃⇒死亡。
  • グリゴール(ルーマニア人、現地案内人?)
    デイビスの死体を地下室(?)に片づけていると、後ろから蝿を纏った手が首を絞めつけて⇒死亡(?)。
  • コリナ(衣装助手、メイキング担当?)
    メイキング撮影中に照明を取りつけている高台から転落⇒死亡

コリナの事故を契機にスタッフは逃げるように現場を後にします。

 

【悪魔】

ジャビーが契約したとされる悪魔についてです。

スタッフが殺される過程で重要なアイテムとなっている「虫」は「」です。蝿と言えばベルゼブブを想起されるのですが、ベルゼブブの名前は出てきません。

唯一出てくる名前は「バング」。ルーカスが構想を説明するメイキング撮影の中で語っています。ちょっとだけ興味がわいたのでググってみましたがヒットしませんでした。
蝿とどういった関係があるのでしょう???

また首にコブを付けた男が出てきます。
まさに幽霊のように神出鬼没なので、リアルなのかマーカスの幻覚の産物なのか良く判りません。
でもって、ラストにはマーカスに首のコブを切り裂くよう仕向けます。コブの中は種?
「種はマーカスの中に入った」「しっかり育てろ」「どうしても娘が欲しいんだ」と告げて男は........消えます。
言葉をなぞると彼が悪魔の化身といったところなのでしょう。

 

【屋根裏部屋】

スタッフが去った撮影現場。マーカスは誘われるように屋根裏部屋に向かいます。今まで置けることの無かった部屋には。

蝿に群がられたマーティアがいました。

マーカスに迫るマーティアは、マーカスの目の前で「何者か」を産み落とします。逃げ出すマーカスにうすら笑いを向けるマーティア。

 

【ラスト】

マーティアに追われるマーカス。迫る蝿の大群。
日差しと共に現れたのはクレアでした。抱きしめるマーカス。

そこにジョシュが現れクレアが既に死亡していることを告げます。
一人で抱きしめる格好をしたマーカスは、現れた警官(?)に連れてゆかれます。

警官???
もう限界です。
その他にもイベント盛りだくさんであったのですが、何が何やら訳が分からなくなってしまいました。僕の中で話が拡散しすぎて収拾がつかなくなってしまtったようですwww

 

【プロデューサー】

名前はジョシュ。最後まで撮影を完遂させようとマーカス含めたスタッフに檄を飛ばします。
たしかオリジナルにも監督をバックアップするプロデューサーが出てきましたが、コチラはもっと強力にプッシュします。監督すら尻を叩いて進行させようと奮闘します。

で。ラストに彼の役目が訪れます。
挫折した(?)ルーカスに変わり、悪魔の種(?)を後世に残す役目です。ジョシュの肩にはコブが出来ていました。「物語は終わっていないぞ」というメッセージなのでしょう。

 

以上です。