celler

セルラー [DVD]
クチコミを見る

制作年:2004年(米)
原題:CELLULAR
収録時間:95分

カテゴリ:サスペンス/アクション

監督:デヴィッド・R・エリス
脚本:クリス・モーガン

今回はホラーではありません。
ちょっと最近ホラー系ばかり観ていて食傷ぎみですので、ここらでスカッとするような映画をと思ってのレビューです。
結構前の映画ですが、僕の好きなジェイソン・ステイサムが出演している映画です。

【キャスト】

  • キム・ベイシンガー (ジェシカ)
  • クリス・エヴァンス (ライアン)
  • ジェイソン・ステイサム (イーサン)
  • ウィリアム・H・メイシー (ボブ巡査部長)

 

【ストーリー】

ある朝、生物教師のジェシカは息子を学校に送り出し家に戻ると、何者かにより誘拐されてしまう。誘拐先で壊れた(ジェイソン・ステイサムにより壊された)電話を使って外部との連絡を試みる。やっとのことで繋がった先は、ナンパな若者ライアンの携帯(Cellular Telephone)だった。

ライアンは電話先で助けを求めるジェシカにいぶかしむが、彼女の必死さにいつしか信じるようになり、彼女を助ける行動を起こす。

なぜジェシカは誘拐されたのか?
誘拐したのは何者で目的は何なのか?

物語が進むにつれ、徐々に明らかになってきます。

 

【所感】

壊された電話
切れたら繋がる保証が無い
携帯電話を切らないようにして助ける
といった制限下での救出劇となります。

この条件が物語を面白くしています。
電波の弱い所には行けなかったり、途中で混線したり、トンネルに入る直前で思いとどまったりとライアンを苦しめます。

観終わった感想は、シチュエーションを変えた「ダイハード」のような印象を受けました。主人公(ライアン)の「四面楚歌」「孤軍奮闘」「獅子奮迅」「乾坤一擲」etc...
置き換えてみると、

  • ジェシカ⇒ホリー・マクレーン (ボニー・ベデリア)
  • ライアン⇒ジョン・マクレーン (ブルース・ウィリス)
  • イーサン⇒ハンス・グルーバー (アラン・リックマン)
  • ボブ⇒アル・パウエル巡査 (レジナルド・ベルジョンソン)

といったところでしょうか。

ライアンはジョンのように疲れた中年オヤジではなく、ナンパな若者ですが、ヘタレなりに一生懸命助けようとする行動は、ジョンと共通の好感が持てます。
またボブの置かれた立場もパウエル巡査と被りますね。根っこは異なりますが、警察内では隠遁したような役職ではあるものの、正義感が強く正直なところがです。
一方イーサンはハンスに置き換えましたが、知的なテロリストであるハンスと対照的に、イーサンはバリバリの現場指揮官といった感じです。

個人的な見所としては、まずジェイソン・ステイサムの登場シーンですね。あとから考えると大したことはないのかもしれませんが、掴みはオーケーといった登場シーンです。思わず笑ってしまいました。
次はライアンの携帯が電池切れになるシーン。充電しなくてはなりませんが、あいにく充電器はなく、車は工事渋滞に嵌って身動きがとれません。と、近くに「CELLULAR」の看板が。ライアンのとった行動は...

ちなみに携帯はノキアでした。

詳細は続きのネタばれに譲ります。

ジェイソン・ステイサムが好きな僕としては、どうしても彼中心に観てしまいました。また彼のヒール役は初めて見ました。
「アドレナリン」「アドレナリン:ハイ・ボルテージ」の印象が強い僕としては、シリアスな役どころにもかかわらず観ていて楽しかったです。近々「バンク・ジョブ」「エクスペンダブルス」も借りてみようと思っています。

 

【評価】★★★★☆

全体的に大きな中弛みもなく面白く観ることが出来ました。
惜しむらくは観終わった感じが薄っぺらいところでしょうか。
なにがそう思わせているのか自分でも判りませんが、印象深く残る作品とまでは感じませんでした。
ダイハードと被らせてしまったからかもしれませんね。


ランキングサイトに登録中です応援クリックをお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

(続き)ネタばれ注意

まぁあまり大したネタばれではないと思います。

【ジェシカ誘拐】

このシーンで誘拐犯(ジェイソン・ステイサム他2人)が登場します。ジェシカが家に戻って家政婦からこと付けを聴いていると、裏庭のガラスをはめ込んだ扉を、足でけり壊して登場します。
ビックリするとともに、扉を壊すのではなく「ガラスを蹴り破る」といった演出は新鮮でした。思わず笑ってしまった場面です。

驚くジェシカと家政婦。賊は入るなり有無を言わさず家政婦を射殺します。そしてジェシカを攫ってゆきます。

【電池切れ】

ずっと話しっぱなし、動画もとったりしていた携帯です。そりゃ電池切れになるでしょう。
しかし切れたら困るライアン。工事現場を突破して携帯販売店に駆け込みますが、お店は大繁盛。整理券を取って並ぶよう、ことごとく店員に言われます。仕方なしにライアンは拳銃(途中で乗り換えたセキュリティ会社の車に入っていた)で脅し、順番を割り込んで充電器を購入しました。義理堅いですね。

【混線】

車を走らせながらジェシカと会話するライアン。と、途中で混線し出します。混線相手はブルーのポルシェを操る弁護士さん。ライアンは相手を見つけると、拳銃を突き付け、車と携帯を奪って救出劇を再開します。

この時代の携帯は、まだ回線品質が悪かったのですかね?
今の日本では「混線」はチト考えられませんが....

【トンネル】

ポルシェでいい感じで走っていると道路はトンネルへ
あわててブレーキを踏むライアン
なんとか電話は切れませんでしたが、後ろからは車が次々とクラクションを鳴らして走ってゆきます。
ポルシェをバックさせてトンネルをクリアしました。

紹介していませんが、カーアクションシーンも結構ありました。
ただ目新しいアクションは無かったように思います。

【ラスト】

ジェシカの誘拐された理由、そして誘拐犯たちが何者なのか判ります。

誘拐犯たちは現役の警官。
ジェシカの夫は、ある日彼らが麻薬密売犯人を射殺して麻薬を奪うシーンを偶然撮影してしまったのです。
焦る警官たちは、撮影されたビデオを奪おうとジェシカをさらったのです。ビデオの中身を見たライアンは、ビーチで誘拐犯たちと決戦します。

ここでボブ巡査部長が活躍します。
唯一ライアンの味方となり、同じ警官相手に立ち回ります。
家ではカミサンに頭の上がらないボブの活躍は結構いけてました。

しかして物語はハッピーエンドを迎えます。

個人的にはジェイソン・ステイサムのアクションをもう少し観たいと思いましたが、今回はわき役に徹して少し残念でした。
それなりの存在感はありましたが...

 

以上です。