haikyorei

【制作年】2011年(日)
【収録時間】81分

レンタルサイトの説明文...

>廃墟で撮影された心霊映像を収録したホラードキュメンタリー。フリーのディレクターを名乗る男から持ち込まれた奇妙なDVD。「本物の幽霊が収録されている」と告げて去って行った男の話は本当なのか?その映像をプレビューすると、奇妙な映像が…。

さて、いかがなものでしょうか?
早速観てみましょう。

冒頭はおなじみのテロップが出されます。

「ある制作プロダクションのディレクターを名乗る男から持ち込まれた映像素材の一部始終」
「肝心のディレクター(持ち込んだ人のこと?)が体調不良のため、不在のまま敢行された心霊スポット取材で、3名の女性が行方不明になった。」

とのこと。
普通に「通報しなきゃ」ですね。

「事件は闇に葬り去られたが、撮影された取材テープは密かに残された。それをこれからご覧いただく。」

って、いやいやw
行方不明になったんなら通報しなきゃだめでしょ。
闇に葬られる理由ってわからないしww
「密かに」ってどゆことwww

と、この時点でフェイクドキュメント濃厚。
続いて、

「内容の真偽については、皆さんのご判断にお任せしたい。」

出た。決め台詞。

どうやら投稿集ではなく、単独のドキュメントっぽいです。
もうこの時点で作っているなぁと思いつつの視聴となりますた(笑)

 

【ストーリー】

今回の登場人物は3人の女性。
突撃レポーターなる「小田ゆかり」ちゃん、「春矢つばさ」ちゃん。
カメラマン兼ADの「一色亜莉紗」女史(面倒なので以下AD)。

心霊スポットのレポートとのことで、八王子にあるいわく付の廃墟を訪れます。
八王子駅で待ち合わせた3人。5番乗り場からバスに乗って現地に向かいます。あいにくの雨模様です。
時刻はまだ昼間です。明るいうちに現場をロケハンして、日が暮れてから突撃という流れ。

現地に到着した3人。
バスの時刻表で終バス発車時刻を確認します。「21:13」。

この条件である程度場所は特定できるかな。

まずはロケハンです。
樹木に覆われた小道を進むと、木々の合間に結構な御屋敷が見えてきました。
現場です。

扉には紙が貼られています。
「ここはガチ」とか「入ると死ぬ」とか。
怯える2人のレポーターを尻目に、貼られた紙を剥がして進むADさん。
おっとこまえですぅ。

昼間でも薄暗い部屋を見て回ります。
されど「いわくの部屋」は見つかりません。
見つからないと困るADさん。これでは仕事になりません。

と。ここでつばさちゃんがお手柄です。
ベランダから下に続く階段を見つけました。
嫌がる2人のレポーターを急かして下に降りてゆくと、そこには赤いビニールテープが張られたドアがありました。

歓ぶAD。これでお仕事が出来ると。

平気の平左で赤いビニールテープを乱暴に剥がすAD。
レポーターの2人が止めても聞く耳を持ちません。
かっちょええですぅ。
されどドアノブは固く閉ざされて、どうにもこうにも開きません。

~ちなみに、ここまで怖いと思える映像は皆無です~

どうにも扉が開かないので、一旦引き返し作戦会議となりました。

果たして日が暮れて再度訪問する3人を待ちうけるのは

続きはネタばれとします。

 

普段、この手のDVDレビューはネタばれ進行していた僕ですが、今回は続きとさせていただきます。

 

......だって、どう見ても作ってるし...

 

【所感】

序盤、というより残り10分くらいまでは眠くなる映像です。
全然怖くないです。
でもって女子3人がきゃあきゃあ言っていいるだけなので、正直イラッとします。肝心の「怖い映像出せよ」と。

ラスト10分が肝なんでしょうから、そこにフォーカスして感想を述べると、「ありきたりな映像(演出)」「ありきたりな結末」でガッカリ感が残りました。

すでにドキュメントとして観ていませんね。僕。

ネタばれ含みですが、序盤はADさんおっとこ前進行ですが、終盤はゆかりちゃん惚れてしまいそうです。逆にADさんのヘタレっぷりがものすごい違和感として残りました。

ゆかりちゃん。
結構可愛いっす(*´ェ`*)

収穫はこれですかねw

前述の通り、僕の中では既にフィクション扱いなので評価します。

 

総合評価:☆☆☆

  • 面白さ:
    ★☆☆☆☆
  • ホラー度:
    ★★☆☆☆
  • グロ度:
    ★☆☆☆☆
  • サイコ度:
    ★☆☆☆☆
  • ミステリー度:
    ☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:
    ☆☆☆☆☆
  • アクション度:
    ☆☆☆☆☆

 

続きはネタばれです。

 

ランキングサイトに登録中です。応援クリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

(続き)ネタばれ注意

 

【物語の始まり】

冒頭は雨が降る夜道を、カメラを持ったまま走っている(?)女性。
映像は乱れ、何か言っています。
映像にはバス停???
ってモザイクかかってるしw
加工されてんじゃん。

後ろから「つばさちゃん」が来ました。
カメラを持った女性は、なぜか安堵。
「つばさちゃん」が近づいてくる映像にノイズが混じり。

女性の悲鳴。

 

【現場の「いわく」について】

心霊スポットたる由縁です。

八王子の廃墟なのですが、僕はどこなのか判りませんでした。

30年くらい前。夜バス停で待っていた女子大生を、車で通りかかった男に拉致られたそうです。
その屋敷に数か月監禁されたそうなのですが、男が事故死したことをきっかけに発見、保護されたそうです。
しかし男から受けた虐待のため、現在でも寝たきりだそうです。

でもって心霊スポットとしてネットを賑わせているそうです。
そうなんですか?

今回のレポートでは、女子大生が監禁された部屋が目的のようです。

 

【ロケハン】

特にネタばれとなるような映像はありませんでした。

一つだけ。
この時点のADさんがすっごい強気です。イケイケです。
レポーターの女の子らが怯えて帰りたいと言うのを遮り、ガンガン突き進みます。

 

【作戦会議にて】

まぁあまり重要なファクターではないように思えますが一応。

何もなかったロケハン後、居酒屋のようなところで3人が打ち合わせています。
そこでADさんは「自分は見える人」とカミングアウトします。
祖母の代からだそうです。

 

【本番】

日が落ちたころ、現場に立つ3人。
終バス21:13には帰ろうと言っていますので、深夜というわけではありません。
確かに屋敷は不気味です。
しかし怖い映像というわけでもありもせん。

一通り部屋を回って、問題の赤いテープの部屋に行くと...

 

扉が開いています。

驚愕する3人。
なかでもADさんが一番聴牌ってます。
昼間のイケイケはどこいったやら。

と。つばさちゃんがおもむろに室内へ入ってしまいます。
2人の制止も聞こえないようです。
つばさちゃんは暗い部屋の中に飲み込まれてしまいました。

 

【ADさんも入ってみた】

焦るADさん。
ゆかりちゃんに「どうしよう。どうしよう。」と泣きつきます。
されど、つばさちゃんを放っても置けず、半泣き状態でカメラを手に室内へ。
つばさちゃん....居ました。
部屋の隅にうずくまるように背を向けています。
ADさんが声をかけると、
つばさちゃんはゆっくり振り向きながら笑いだします

きゃははははははははははははははははははは

ひゃぁー

っとADさん。
脱兎のごとく部屋から出ると、部屋の外で待っていたゆかりちゃんに「逃げよう」「つばさがおかしくなっている」「ヤバイヤバイ」「やってらんない」と恐慌状態です。

「つばさちゃん置いて帰ろう」
背後ではつばさちゃんの笑い声が続いています。
「仕事とかそんな問題じゃない」
前半のイケイケぶりは既にぶっ飛んでいます。

 

【実はカッコいいゆかりちゃん】

つばさちゃんを置いて逃げようとゆかりちゃんに提案するADさん。
つばさちゃんは先に帰ったことにしよう」とか
「もう絶対無理」とか
ADさんはここからさっさと逃げ出したくて、言い訳まで口にしてゆかりちゃんを説き伏せようとします。

が。

「つばさちゃんを放っておくわけにはいかない」

ゆかりちゃんは恐慌状態のADさんに向かって断言します。
かっこいいです。

嫌がるADさんを説き伏せながら、一緒に暗い部屋に入るゆかりちゃん。

ADさんのカメラが暗い部屋を照らすと、先ほどつばさちゃんがいた部屋の隅に、裸の女性が蹲っていました。
映像にノイズが混じりますが、長い黒髪に白い裸体はハッキリと映し出されています。
ゆっくりとカメラに向き直る裸の女性。
立ち上がっても長い黒髪に隠れて表情は伺えません。
徐々にカメラに向かってきて、黒髪がドアップさせるまで近づきます。

限界を感じたのか、ADさんはゆかりちゃんの手を引っ張り部屋から脱出します。

 

【ゆかりちゃん】

「(つばさは放っておいても)もういいんじゃないかなって思うよ」
逃げようとするADさんに対し、冷静に、かつ、断固としてつばさちゃんを捜しに行くことを提案するゆかりちゃん。
嫌がるADさんの手を掴み、再び部屋に向かいます。

「私は部屋に入らないから」
みたいなコトを言うADさん。

「ホントにいいの?行かなくて」
ゆかりちゃんがADさんに迫ります。

この時のゆかりちゃんの心中を代弁すると、
「あんた(AD)が嫌がる私たちを仕事だからって無理に連れてきたんでしょ」
「今更お前がいうなっ」
「つばさちゃんを放っておくなんて臆面も無くよく口にできるわね」
「あんた(AD)それでも人間なの」

といった処でしょうか。

ゆかりちゃんのADさんを見る目がスゴイです。
軽蔑の視線ってやつですね。
汚いものでも観るような目つきでADさんを睨みます。

部屋の入り口で押し問答となる2人。

嫌がっている割にはADさんの持つカメラはどうしてかしっかりとゆかりちゃんを捉えてます。
部屋を背にゆかりちゃんの映像。

その肩越しから白い腕が伸びてきたかと思うと、ゆかりちゃんはその腕により暗い部屋の中へ引きずり込まれてしまいました。

ADさんのカメラにより、引きずり込まれるゆかりちゃんの映像がキチンと収められています。

 

【ADさん】

ゆかりちゃんも失い、泣きながら屋敷から脱出するADさん。
なんとかバス停に戻り、もうすぐ終バス(21:13)が来ることを確認します。

【物語の始まり】のシーンにつながります。

 

ということで、どういうわけかこの収録テープ だけを残し、3人の女性は行方不明となりました。

 

 

改めて書き起こすと、いろいろ物語が破たんしていますね。
洋画のREC、パラノーマル・アクティビティなど、POVが流行っているようですが、そのジャンルでも低レベルと言わざるを得ません。

残念。

 

以上です。