noroiv001
ほんとにあった!呪いのビデオ(1) [DVD]
クチコミを見る

制作年:1999年(日)
収録時間:54分

カテゴリ:ホラー

 

すでに41巻まで出ている当シリーズ。
劇場版、スペシャル版入れるともっとかw

いまさらながら1巻から順番に観てみようかと。

何時最新刊まで追いつくか判りませんが、行ける所まで突き進んでみようかと思います。ただ連続レビューはできないので、合間を縫うように(思い出したように)書き込みます。

原則ネタばれ進行となりますのでご注意ください。

・本編映像:約50分
・掲載映像:11本

最初の投稿は本編のメイン。なので一番最後にまとめます。
メインテーマを除いてはサクサク進むので、観ていて退屈はしないだろうと思います。

 

【投稿2:トンネルにて…】

  • [概要]心霊スポットのトンネル(神奈川県、Kトンネル)を走りながらの映像。トンネルの壁に黒く透けたような男の影
    また車のフロントウィンドウ越しにもが映っている。
  • [怖さ]★★☆☆☆
  • [フェイク度]★☆☆☆☆
  • [所感]壁のしみのようにも見える。あまり怖さはない。

 

【投稿3:墓参りの記録】

  • [概要]昭和58年に撮影された8ミリビデオ。墓参りをする一家を映していると、故人である祖母の笑顔が映し出された。
  • [怖さ]★☆☆☆☆
  • [フェイク度]★☆☆☆☆
  • [所感]怖いというよりも和む映像。ハッキリと映し出された表情は、非常に穏やかで、観て温かい気持ちになった。8ミリというのも時代を感じさせる。好印象な映像で、僕も墓参りしようかなと思わせてくれました。

 

【投稿4:劇団の稽古風景

  • [概要]スタジオで練習風景。大きな鏡にいるはずのない人影が映り込む。
  • [怖さ]★☆☆☆☆
  • [フェイク度]★★☆☆☆
  • [所感]チョット判りにくい映像。うっすらと女性の顔らしきモノが映り込んでいる。表情は伺えず、あまり怖いとは感じない。

 

【投稿5:結婚パーティーにて

  • [概要]結婚式の二次会のような映像。列席者の黒い服に青白い手が映り込んでいる。
  • [怖さ]★★★☆☆
  • [フェイク度]★★★☆☆
  • [所感]そこそ怖い映像。だた手が出ているだけなので、意思が判らない分怖さが少ない。これが首にかかっているとかだと怖さのレベルがアップするかと。

 

【投稿6:事故現場にて

  • [概要]たまたま遭遇した事故現場を車中から撮影。ガードレールに浮かび上がる男の顔
  • [怖さ]★★☆☆☆
  • [フェイク度]★★☆☆☆
  • [所感]これも判りにくい。目元が黒く窪んでおり、表情は読み取れなかった。

 

【投稿7:監視カメラ

  • [概要]カラオケボックスの監視カメラ映像。誰もいない部屋に忽然と浮かび上がる白い少女
  • [怖さ]★★☆☆☆
  • [フェイク度]★★☆☆☆
  • [所感]監視カメラのせいか、若干映像が乱れる。一瞬であるがハッキリと女性と判る白い姿が確認できる。それだけなので怖さはイマイチ。
    それよりも部屋でいちゃつくカップルが気になったwww
    ボックスとかで変なことすると、流出しちゃうかもしれませんね。

 

【投稿8:生中継番組

  • [概要]東京都中野区の哲学堂公園でTVの生中継映像に、ノイズと共に割り込む男の後ろ姿と、「あき屋」と読める文字
  • [怖さ]★★☆☆☆
  • [フェイク度]★★★★☆
  • [所感]ホントに生中継された内容か不明。演出がリングと同じで、怖さよりの作った感を強く感じた。

 

【投稿9:大学校舎にて

  • [概要]茨城県T大学(つくば大???)で、肝試しを興じる男女。廊下の壁(?)から浮き出てきた白い顔
  • [怖さ]★★★☆☆
  • [フェイク度]★★★☆☆
  • [所感]撮影時に撮影者が気が付いていた唯一の映像。出来過ぎっぽさが感じられた。映像自体はまずまず怖いです。

 

【投稿10:盗撮・試着室

  • [概要]デパートの婦人服売り場にある試着室を盗撮した映像。壁に人の目元がずーと映っており、徐々にハッキリと輪郭を現す。
    見た感じ幼児のような顔。
  • [怖さ]★★☆☆☆
  • [フェイク度]★★★★☆
  • [所感]徐々にハッキリしてくる過程は怖いが、浮き出た表情は無く、何らかの意思は感じられなかった。
    つか、それ以前にマジ犯罪ですね。スタッフさんは通報したのでしょうか?気になります。

 

【投稿11:スタッフが撮影した心霊スポット映像

  • [概要]東京都の千駄ヶ谷トンネル。「意図して霊は撮影できるのか」をテーマに撮影。トンネルに髪の長い女性のような靄が映されている。
  • [怖さ]★★☆☆☆
  • [フェイク度]★☆☆☆☆
  • [所感]これもよく判らない映像。顔のようにも見えるし、形をなしていない靄のようにも取れる。
    スタッフさんを信じてフェイク度は最低にしました。

 

さて、メインテーマです。
タイトルは無かったのですが、いろいろな角度から検証していて、内容としては面白かったですね。

【投稿1:(タイトルなし)

  • [概要]場所は東京都杉並区。内輪の引っ越し祝いを撮影したところ、いろいろな異変を捉えた映像となる。
    -耳鳴りのような音
    -テレビのブラウン管に写る黒髪の長い白い女性
    -うっすらと笑う女性の声
    -再現ビデオに映り込んだ女性の顔
  • [怖さ]★★★★☆
  • [フェイク度]★☆☆☆☆
  • [所感]投稿者のインタビューや識者による調査、以前住んでいた方のインタビューと、力を入れて検証しています。

まず「耳鳴りのような音」。
僕には鈴虫が鳴いているように聞こえました。音声を分析するとハウリングとのこと。しかしこの部屋の広さでは起こり得ない音とのことです。

次に「ブラウン管に映る白い影」。
立ちポーズと座りポーズの2つあります。
こちらも科学的に検証しますが、実際にその場に人がいたとしか考えられないとの結論。画像が編集された形跡はなく、人影は実際に室内に人が立っていなければ発生しえないとのこと。

そして「うっすらと笑う女性の声」。
検証開始時は誰も気付かなかった。この家の前の住人のインタビューにて新たに発覚。
前の住人もこの部屋で怖い体験をしたと言う。夜寝ていると金縛りにあう。耳元で「ウフフ」といった薄い笑い声を聴く。目を覚ますと枕元に白い女性が座っている。
しかして映像には笑い声が入っていることに気付きます。
けっこうハッキリと「ウフフ」といった声が...
早速声紋分析すると、年は15-20歳位、身長は150-156cm位の女性の発する声とのこと。映像に収められている誰にも該当しない人物となりました。またこの部屋では絶対に発生しえない環境で発せられた音のようです(狭い箱の中、空気の薄い場所)。

最後に「再現ビデオに映り込んだ女性の顔」。
エンドロールで紹介されました。
当時の状況を再現し、物理的に説明できるかを検証している中、部屋の天井付近に白い靄のような顔が映されています。

 

こういった現象を科学的に検証する過程って好きですね。
可能性を潰していって、行きついた先は説明できない事象であるといった流れです。
数学でいうと「背理法」でしたっけ?

1999年制作の本作。
全体的にガチな映像が多かったと思います。

僕的に心に残ったのは「墓参りの記録」ですね。
こういった作品に少ない、とても穏やかな気持ちにさせてくれました。

次作以降、劇場版等も見てゆくつもりですが、なんとなくガチな映像は少なくなってゆくような気がしてなりません。商業主義ってやつですか。

ただ此処まで長期にわたり作品を提供しているスタッフには敬意を表します。それだけ支持されているということでしょうね。

今回のレビューはこれまでです。

いろいろ含めて評価は★★★★☆です。

次作も期待します。

 

【おまけのエンドロール

  • [概要]建築現場の井戸(?)の中を撮影。底にたまった水が撮影者を映していますが、その後ろから手が出てきます。
  • [怖さ]★☆☆☆☆
  • [フェイク度]★★★☆☆
  • [所感]作れそうな映像でした。

 

ランキングサイトに登録中です。応援クリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ