petsematry2

ペット・セメタリー2 [DVD]
クチコミを見る

以前レビューしたペット・セメタリーの続編です。

どうしても元祖ペット・セメタリーと比較してしまうのは、続編の背負った十字架と言うべきでしょう。
そして期待を裏切ることなく「二作目は駄作」を踏襲するところも。

前作との比較によるレビューは置いておいて、単作としてレビューしようと思います。比較レビューは後述します。

制作:1992年(米)
監督:メアリー・ランバート
脚本:リチャード・アウッテン
原題:Pet Sematary 2

前作が1989年公開なので3年後ですね。
今回の脚本はオリジナルなのでしょう。スタッフにスティーブン・キングの名前が見当たりませんでした。

ちなみに音楽はラモーンズほぼ関係なし
エンドロールに一曲だけ"performed by RAMONS"のクレジットが目にとまったけど。

【キャスト】

  • ジェフ(エドワード・ファーロング)
  • チェイス(アンソニー・エドワーズ)
  • ガス(クランシー・ブラウン)

【ストーリー】

冒頭はジェフが母親の撮影風景を見に来た場面。
母親は有名な女優。この日はホラー映画の撮影。
しかし撮影中の不慮の事故により、ジェフの目の前で感電死してしまう。

ジェフは母の死を機会に、父親チェイスと田舎に引っ越してくる。
そこはクリード事件のあった場所(詳細は前作参照)。
チェイスの職業は獣医で、この地で開業することとなる。

ある日ジェフの友人の愛犬が、彼の義理の父ガスにより射殺されたことから始まります。友人はペット・セメタリーの奥にある先住民の墓の噂を頼りに、愛犬を「その場所」に埋葬します。その埋葬に立ち会うジェフ。

その夜。愛犬は来るべくして友人の元に戻ってきます。
凶暴な性格に変わった姿で。

 

【単体作品としての所感】

それなりにホラーシーンもあり、ストーリーもあまり無理を感じなかった。
いじめっ子の無茶や、ガスの横暴さに反感を受けつつ(ジェフにエールを送りつつ)、彼らヒールがやっつけられる感はありますね。

全体的に「失敗しているなぁ」という感じを受けつつラストまで観ました。
一番は感情移入がしにくい(つか終始客観視できた)こと。
イベントも多いし、出演者も多い。確かにストーリーは繋がっているのだが、あっちこっちに移って集中できない。

あとジェフのマザコンぶりには辟易した。
「そこまでやるのか」(; ̄Д ̄)
と感じました。
ちょっとだけフォローしておくと、ジェフ役のエドワード・ファーロングは結構うまく演技していたと思います。

肝心の怖さはというと.....
それほどでもないか」という結論になりますかね。
前作のカラクリ(「そこ」へ埋めると蘇える)を踏襲しているので、先が読めてしまうんですよ。
ネタばれになりますけど一番怖かった(気持ち悪かった)のが、ガスが蘇えった後、彼が愛してやまないウサギを次々と殺して皮を剥いでゆくシーンかも。

 

【続編としての所感】

前作のイベントを引き継いだ設定。
クリード一家の惨劇は都市伝説的な事件として語られており、ことの真偽を知る人は皆無(唯一蘇えった猫のチャーチを診断した老獣医がでてくるが)。しかしクリード一家の屋敷、ペット・セメタリーへと続く小道などは、シーンとして活かされています。

さてカラクリを知った上での感想となりますが、やっぱり「駄作」といわれても仕方ない内容と思いました。

なんというか薄っぺらいのです。
これは演出や演技の影響もあると思うのだが、具体的には安易すぎると感じました。

死んだ者が蘇える先住民の墓地

前作では愛する者を不条理に失った悲しみと、「悪いこと」と知りつつも傾いてしまう葛藤が良く表現されており、「死」に対する畏敬の念もしっかり表現されていたと思います。
が、今作ではあまりにも「死」が軽く扱われて、観ていて不快に感じた部分もありました。

ちょっと埋めてみた」といったノリですね。

「死」ってもっと大切なものという感じを持っています。厳かといいますか...

また前作で感じた良い意味でのギャップ(違和感)。

  • 凡庸な片田舎 vs 爆走するコンボイ
  • 怖く悲しい物語 vs パンクビート

背景設定は別物と思うくらい変わっています。1シーンだけトレーラーが出てくるのですが、積み荷はジャガイモ(タマネギ?)だし。
特に音楽に関しては、完全に二番煎じを意識して、あげく失敗していると思いました。アンマッチなロック(ポップ)が流れるのですが、浮いてしまっているだけでした。

総括すると、前作では「愛する者を不条理に失った者の悲しみ」や、「埋めても仕方ないよな」(蘇らせる)といった共感がありましたが、今作は何でもかんでも埋めちゃえ、生き返らせちゃえといった無節操感が否めない展開でした。

 

総合評価★★☆☆☆(甘いか

  • 面白さ:
    ★☆☆☆☆
  • ホラー度:
    ★★★★☆
  • グロ度:
    ★★☆☆☆
  • サイコ度:
    ★☆☆☆☆
  • ミステリー度:
    ☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:
    ★☆☆☆☆
  • アクション度:
    ★☆☆☆☆

ちなみに「続編」としての評価です。

 

つづきはネタばれです。

ランキングサイトに登録しています。
お手すきでしたら「クリック」していただけると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

(続き)ネタばれ注意

 

【各出演者の経過をまとめてみた】

前作比較で出演者が多いのでまとめましたw

  1. ジェフ ⇒生存エンド
  2. チェイス(ジェフ父) ⇒生存エンド
  3. ジェフ母
    事故死(感電死)
    ⇒ガス手引きでジェフ埋葬
    ⇒復活
    ⇒家ごと焼け死ぬ
  4. 友人
    デッドエンド(ガスに殺される(トレーラーと激突))
  5. 友人実母
    デッドエンド(ガスに殺される(トレーラーと激突))
  6. ガス(友人義父)
    蘇えった友人愛犬に噛み殺される
    ⇒友人埋葬
    ⇒復活
    ⇒いじめっ子殺す
    ⇒義理の息子(ジェフ友人)と妻殺す
    ⇒チェイスに再び殺される
  7. 友人愛犬
    ガスに射殺
    ⇒友人埋葬
    ⇒復活
    ⇒不明
  8. いじめっ子
    ガスに殺される(バイクの後輪に頭を巻き込む)
    ⇒ガス埋葬
    ⇒復活
    ⇒ジェフに再び殺される(頭爆発w)
  9. 家政婦さん
    ⇒デッドエンド(蘇えったジェフ母に殺される)

だったっけ?

本編にも書きましたが、安易に復活しすぎ(笑)

 

【笑えたシーン】

前作を知っているため、あまり怖くは感じません。
むしろ笑えてしまいます。

一番はいじめっ子が復活しジェフと対決するところ。
上記にあるように口に電線を突っ込まれ、感電⇒頭部木端微塵エンド。

 

【エンディング】

ラストは蘇えった母親が炎に包まれて再び死んでしまいます。
蘇らせ、直前まで母親べったりのジェフ。
あっさり母親を見捨ててしまいます。
ものすごい違和感です。
ジェフの感情の移り変わりが判りません。
せめて一緒に焼け死ぬくらいはして欲しいもんです。

 

以上です。