○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

2012年05月

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

絶対に怖い動画

201205_zettaidouga

制作年:2012年(日)
制作:酒匂暢彦、大橋孝史
演出:葦戸健
ナレーション:狭川尚紀
収録時間:54分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)

【総括】

絶対に怖い心霊写真の続編。というか「絶対に怖い」シリーズらしい。本作の後に「絶対に怖い都市伝説」が来月初旬にリリースされる予定。以前に同一スタッフで「心霊三部作」があったが、続いてのシリーズなのだろうか。まあどうでもいいっちゃどうでもいいのだがw

全15チャプターで54分。収録本数は良心的か。
観てみると前作の静止画が動画に置き換わっただけで、別に真新しいことはない普通の投稿動画作品だった。映像は地味系で、時間の割に長く感じたのは退屈だったからかもしれない。グロ要素は関係の無い所でちょっとだけ。

でわネタばれで紹介。

【チャプター紹介】

  1. 音楽会と霊
    [概要]小学校で開かれた音楽界の映像。合唱する子供たちの背後におじさんが現れて消える。
    [怖さ]★☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]冒頭を飾る割に怖くない。おさーんなんだけどなんか妖精さんみたいw
  2. 電車の怪
    [概要]旅行途中の電車内の映像。地下鉄内で隣の席に座った外人さんと話す友人。外人さんの背後の窓に映る人影。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]頭が崩れているみたいで不気味ではある。
  3. 暗闇の格闘技場
    [概要]クラブの格闘技のイベント。殴り合う二人の男性の間に床を這う赤ん坊らしき姿。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]殴り合っているというよりは踊っている、じゃないな。じゃれあっている感じ。
  4. もう一つの顔
    [概要]ダンスの練習風景の映像。舞台前で練習風景を見ている女の子の後頭部に浮かぶ別の顔。女の子に取りついた悪霊の姿らしい。また件の女の子は後日交通事故に遭った。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]ダンスに見惚れて初見判らずw
  5. 海より呼ぶ霊
    [概要]海水浴の映像。女の子の浮き輪に伸びる何者かの手。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]余計なシーン長い。この地で多発した波打ち際での溺死事故と結びつけているが、チト無理やりっぽい。
  6. 霊の居る教室
    [概要]高校の卒業記念映像。音楽室で吹奏楽部の紹介シーン。背後の音楽家の肖像画がコチラに向き直る。同じシーンを撮影した別のビデオには異変が無かったとのこと。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]怖さより不思議さ。でも誰の肖像画だ?掛け軸に描かれた生首の目が開く映像を思い出した。
  7. 終戦記念日
    [概要]終戦記念日に参拝者で賑わう神社の映像。門の下で老人が浮かび上がっては消える。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]なんか直前の血まみれの映像の方が気になる。肝心の霊は二重撮りしたような感じ。
  8. 動物園の霊
    [概要]動物園で遊ぶ風景を納めた映像。池の淵で首の無い子供が立ち上がる。その後首の無い子供が画面を走って横切る。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]シュールだ。
  9. 入学式を覗く者
    [概要]中学校の入学式の映像。壇上の教員?の背後に浮かぶ顔。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]校長先生だろうか。生徒に生徒手帳を手渡ししているのだが、その手つきがティッシュ配りしているように見えた。
  10. 成長日誌
    [概要]夏休みの課題としてメダカの成長記録を撮った映像。戯れる家族の姿を写した時、テレビ画面?一杯に広がる女性の顔。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]リアリティが無い映像。無表情で漂う感じの顔はガチだったら怖いかも。「顔が肥大化している=怨念を溜めこんでいる」らしい。
  11. ライブハウスの怪
    [概要]ライブハウスの映像。天井から逆さまに墜落する人影。この地は昔隔離病棟だったとのこと。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]まるで天井の照明からぼとりと生まれ落ちるような感じは若干気持ち悪い。「霊が移動している瞬間を捕えた」らしい。
  12. 深夜の高速道路
    [概要]夜。高速を走る車の車内から撮影した映像。フロントガラスに男の顔。撮影した数週間前に、この地で交通事故で死者が出たとのこと。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]雰囲気はある。
  13. ソフトボールの観戦者
    [概要]ソフトボールの試合の映像。バックネット裏。金網越しに和服の女性。一旦フレームアウトした後、再度映すと金網の内側に近づいている。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]カラー映像の中にモノクロで映り込む無表情な姿は多少不気味。
  14. 川釣りでの異変
    [概要]川で釣りをする映像。岩場に立って糸を垂らす男性の足首を掴む透けた手。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]ありがち。
  15. 卒業式に現れた霊
    [概要]小学校の卒業式映像。無人の壇上に手。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]まあこういうこともあるよね。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

呪動画 K-ファイル

201205_kfile

制作年:2012年(日)
制作:島野伸一、庄子圭
監督:夏目大一朗
ナレーション:やいまさゆり
収録時間:61分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)

【総括】

9つの投稿映像と投稿動画の現場(1か所)を検証する映像で構成された作品。

映像のインパクトは弱く怖くは無いのだが、その分ありそうでガチっぽさは強いと感じた。

以下ネタばれで紹介。

【チャプター紹介】

  1. 持ち去られた魂
    [概要]朝モヤ(?)の煙る神社の映像。社の前に壊れかけた小屋があり、中には倒れたウサギ?と立てかけられた女の子の2体の人形が放置されている。帰り際に小屋の中を映すとウサギの人形が起き上がってコチラを向いており、また女の子の人形は無くなっていた。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]小屋を映した最初の映像で子供のような白い影が見えたのだがスルーされた。靄がいい雰囲気の場所。
  2. 心霊トンネルの怪
    [概要]心霊スポットのトンネルに肝試しに訪れた映像。昼間でも内部は真っ暗。懐中電燈に照られた路面に子供の濡れた足跡。その後金属音が響き渡り逃げ出す投稿者達。
    小池壮彦氏による現場検証へ続く。小池氏曰く、この地はコンパスが効かなくなったり、心霊目撃談がある場所で、過去に殺人事件の死体遺棄現場で昔から有名だったようだ。小池氏自身も以前訪れたことがあり、不気味な雰囲気ではあったとのこと。現場に向かう小池氏とスタッフ。現場は山の中で途中で車両通行止め。歩いて現場に向かう。やがてトンネルが姿を現す。
    ⇒中編へ
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]映像自体は怖いものではない。
  3. 神社
    [概要]神社を訪れた映像。参拝を済ませトイレに向かう。トイレの脇の金網越しに人間の首。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]確かに首みたい。髪の毛もハッキリ判る。
  4. 鉄橋
    [概要]河川にかかる鉄橋の映像。鉄橋の上に人影のようなモノ。電車が通ると人影は消える。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★☆☆☆☆
    [感想]割と好きなタイプ。地味なんだけどガチっぽい。
  5. 乱れたキス
    [概要]友人たちと家飲みの風景。突然電気が消える。電気が点くと窓ごしに手形。さらに掴みかかるように広がる影。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]まあこういうこともあるんじゃないかと。
  6. 心霊トンネルの怪(中編)
    [概要]検証映像のみ。
    トンネル到着。手前に朽ち果てた小屋。入り口に比較的新しい花束。侵入。何度かシャッターを切る小池氏。またトンネルの壁面が光っていたと語る。ただそれが光の反射なのか判らない。あまりの暗さに上下の感覚が無くなる。
    トンネルを抜けて地図を見る。先には道が途切れている。なんのためのトンネルなのか?とりあえず行ける所まで進む。
    ⇒後編へ
  7. トイレ
    [概要]公園?の駐車場に設置された公衆トイレの映像。隙間から覗く「怨霊」の顔。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]わろた。ナレーションは「怨霊」と決めつけているが単に誰かが覗いているだけじゃないの?仮に単に覗いているだけでも十分不気味ですけど。
  8. ドライブ
    [概要]ドライブ中の映像。運転席の窓の外に人の手。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]初見判らず。地味。
  9. エレベーターホール
    [概要]マンションの監視カメラの映像。けんか別れするカップル。置いてかれた女性が逡巡していると、不自然に伸びる彼女の影。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]ニューっと伸びる影が斬新w背景の工事現場が気になった。
  10. 心霊トンネルの怪(後編)
    [概要]検証映像のみ。中編からの続き。
    トンネルの先に進む一行。林道の終点に到着するが道は続いている。先に進むと今は廃業しているキャンプ地。河原に降りると捨てられた子供の靴。
    トンネルに戻って小池氏が総括。氏がトンネル内で撮影した写真。壁に白く映る子供の顔。
    [感想]靴の演出は嘘くさいな。日中帯の検証映像だったためか不穏さはさほど伝わってこない。ただ街灯一つない現場なので夜の映像だったら印象は変わったと思う。
  11. 廃ラブホテル
    [概要]心霊スポットである廃ホテルの映像。白いワンピースを着て佇む女の姿。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]画質悪い。映像はありがち。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

闇動画2

201205_yamidoga2

闇動画2 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2012年(日)
収録時間:62分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)

【総括】

割と当たりだった前作の続編。それなりに期待できると思いつつ視聴。ありがちな作りました感は強いのだけど、映像面で怖い仕上がりにはなっていると感じた。

全5話収録。インタビューを中心とした突っ込んだ取材をしている3話と、それを繋ぐような小作品(2話)の構成。時間の割に作品数が少ないのは検証面があるためで仕方なし。

「闇動画3」も7月リリースとのこと。借ります。

ネタばれ有りで紹介します。

【各話紹介】

  1. デジャヴ
    [分類]心霊
    [概要]グラビアアイドルをレポーターに据えた心霊DVD。心霊スポットである湖の取材中、レポーターの様子がおかしくなる。そのまま日が暮れて付近のトンネルの取材。来たことが無いはずの道をズンズン進んでゆくレポーター。やがて小さなトンネルが見えてくる。トンネル内の悪戯書きを指摘する。レポーターは母親にこの地に来たことがあるかを確認するが、やはり来たことが無い。
    メインの心霊スポットである吊り橋へ。橋の中ほどまで進んでゆくと、赤いパンプスが落ちていた。じっと見つめるレポーター。おもむろにパンプスを履く。無言。突然フェンスをよじ登ろうとする彼女。慌てて止めるディレクター。朦朧とした(?)彼女の視線を追って振り向くと、そこには女性の姿。次に振り返るとレポーターがいない。探すディレクター。彼女はロケ車に戻っていた。いきなりロケ車を外から叩く音。車のサイドガラス越しに人の顔。
    後日。レポーターは自宅であるマンションから飛び降り自殺していた。マンションの監視カメラには赤いパンプスを履いて階段を上ってゆく彼女の姿が捕えられていた。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]うーん。まあいろいろ捻りを入れているようにも感じるけど、ネタの一つ一つが小粒かな。ありふれているし。吊り橋で佇む女性の姿は雰囲気があって不気味。
  2. 温泉旅館
    [分類]心霊
    [概要]旅館に宿泊する夫婦の映像。豪華な夕食を携帯カメラで撮影している。妻の背後の居間に佇む首のない人。夫婦は撮影した翌朝失踪した。
    [怖さ]★★★★☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]これ結構すきかも。首が無いと言うか透明人間みたいで、ゆかただけが佇んでいるようだ。
  3. ストーカーの正体
    [分類]オカルト+超能力
    [概要]ストーカー被害にあっていた女性が証拠として撮影していた映像。まずは被害状況の映像。夜。自宅の呼び鈴が鳴り扉を激しく叩く音。「開けろ」と怒声。また別の日。郵便受けに紙でできた人形。紙を広げると血痕のような赤い染み。さらに大量の紙の人形が。広げると彼女の生活が記載されていた。泣く被害者の背後に石が投げ込まれる。
    一度屋外に出るが、異変を感じて自室に戻る。包丁を手にする彼女。部屋にころがる紙の人形。広げると「いつもいっしょ」の文字。そして被害者とそっくりな女の姿。
    後に部屋を訪れたストーカーの「開けろ」との声を分析。反響から室内を音源とした音声である。
    声紋は被害者と同一。
    被害者は幼少期に解離性同一性障害を患っており、再発したようだった。発症すると別人格の影響か物を動かしたりしたそうだ。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]★☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]ストーリー的には破たんしていないかな。綱渡りな感じだけど。多重人格とのオチだが、どちらかというとドッペルケンガーの方がしっくりしたような気もする。インタビューを受けている興信所の男性の芝居がかった仕草が鼻につく。
  4. ある一家
    [分類]心霊
    [概要]歩行器で動き回る幼児を映した映像。部屋の隅に横たわる青ざめた男の顔。一家はしばらく後に一家心中した。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]目を開いているのか閉じているのか良く判らない表情。開いているとしたら大きな目こちらを睨んでおり、また、薄く笑っているようで不気味な表情だ。
  5. 想い出の校舎
    [分類]心霊
    [概要]廃校となる母校の中学校を訪れた映像。玄関は閉まっており中には入れない。校舎の奥へ進む。体育館裏で煙草を吸っていると、男性が佇んでコチラを観ている。投稿者が卒業生であることを告げるが男は黙ったまま消える。
    日も暮れて中に入れないか探していると、扉が開いた場所があった。侵入。教室に行くと黒板にビッシリと書かれた文字。突然校内放送が流れる。
    「至急理科教室に来てください」
    唖然とする投稿者達。だが「誰かいるのだろう」と考えて放送室へ向かう。放送室には誰もいない。続いて理科教室へ。扉を開けたとたん異臭。そして教室の中央には首吊り死体がぶら下がっていた。腐乱して首が伸び切った死体は身体の重さを支え切れずに切れてしまう。死体は当時の教師であり、一緒に入った友人と揉めた後自殺したようだ。
    スタッフが投稿者と一緒に侵入した友人宅を訪れる。彼の顔はケロイド状に爛れており、背後には男の姿が浮かび上がった。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]それなりに凝った作り。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓


映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

投稿 怨霊映像 忌篇

201205_onryo-ki

制作年:2011年(日)
制作:庄子圭、島野伸一
監督:鍋田雅之
収録時間:60分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)

【総括】

久々のレビュー投稿。ううぅ。放置してしまいすみません。

投稿映像を紹介するシリーズ。今作では投稿作品×12本、再現映像×1本の構成。収録時間はトータルで1時間なので比較的良心的か。全体的にはフェイク臭が強め。その分映像単体での怖さもまずまず。いくつかはやりすぎ(=笑える)なんだかw

それではネタばれ進行で紹介。

【チャプター紹介】

  1. ロビン・フッド
    [概要]おもちゃのボウガンで遊ぶ子供の映像。狙いを定める子供の背後からコチラを覗くように女が生えてくる。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]なんかにゅっと生えてくるのだが、映像を切り取って貼り付けたような感じだ。
  2. 豆まき
    [概要]神社における節分の豆まきイベントの映像。参道を歩く投稿者。自然カメラが下を向き、路面を映しだす。横切る排水溝に人の顔。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]妙にハッキリとした生々しい御尊顔。ネタとして豆まきは関係ないですね。
  3. 森のままごと
    [概要]事件現場とされる場所の映像。捨てられた人形発見。画面にノイズが入りだすと人形の頭が人の顔に。そして地面に這いつくばる少女の姿。
    [怖さ]★★★★☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]予想がつく範囲だけど映像的にはまあまあかな。
  4. 父・ケイオン
    [概要]父親の部屋でギターを見つける子供達。床の上を仰向けに寝そべる女性の姿。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]ギターのヘッド部が切れているように見える方が気になった。こういう仕様のギターなのかしらん?
  5. 超能力
    [概要]透視能力を披露する妹の姿を映した映像。トランプの匂いを嗅いでジョーカーを当てると言うもの。当たり(ジョーカー)カードの匂いを嗅ぐと背後にノイズ。さらに大きな人の顔が現れる。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]超能力と心霊のコラボw匂いを嗅いで当てると言うのは斬新かも。
  6. トンネル
    [概要]心霊スポットのトンネルでの映像。トンネル内を歩いていると背後に何かを見つけて逃げ出す。乱れる映像の中、追いかけるように這いつくばる首のない人の姿。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]気持ち悪い映像ではある。
  7. エアコン
    [概要]エアコンのリモコンの電池残量を確認する映像。リモコンを操作する男性の背後に女性の姿。
    [怖さ]★★★★☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]なんかタイミングを図って背後で女性が立ち上がっただけとも見えるのだが。オーソドックスな映像だけど、ある意味王道なのかな。じめーっと怖いものがある。
  8. R45
    [概要]実家に向かって道路を歩く映像。歩道橋の下でコチラを覗く人の姿。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]直前の右側の黒い塊が気になる。
  9. 秘密調査
    [概要]深夜に怪しい二人組を隠し撮りした映像。浮かび上がる顔。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]シチュ的にフェイク臭い。
  10. 家族遠足
    [概要]公園で遊ぶ子供の映像。背後の木に人の顔。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]なにか喋っているように見えるところが何気に笑える。
  11. 恵方巻
    [概要]恵方巻を食べる少女の映像。鏡に映る少女の姿に別の女性の姿が重なる。そしてその女性は人の手を食べている。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]シチュとしては怖いのに人の手を食べているのはやりすぎ。
  12. 知人女性
    [概要]幽霊が出ると言う女性のアパートでの映像。カメラ越しに女性の顔が乱れる。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]怖いと言うより笑える映像。「顔がおかしい」ってそのままだけど失礼な台詞だな。
  13. 再現映像:卒業旅行
    [概要]卒業旅行で体験した話。ホテルに向かう車の中。非通知の無言電話がかかってくる。また予約したはずのホテルに予約が取れていない(前日に確認しているにもかかわらず)。さらに友人の自宅から妹が帰ってこないとの連絡。などがあり旅行を取りやめる。
    帰路のラジオから事故情報。通る予定の道中で事故があったらしい。旅行を続けていたら巻きこまれた可能性もあった。
    [怖さ]★☆☆☆☆
    [感想]不思議な話レベルで全く怖くない。んでも普通に体験するとしたらこのレベルなんだろうなと思うことにする。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

スピンオフシリーズ

レビューインデックス(2012.4)

ご訪問ありがとうございます。
4月度までのレビューINDEXです。

ブログ本文の文字数制限超過に伴いINDEXを分割しています。

  • 本文:「あ」~「な」行
  • 続き:「は」~「数字」行

DVD関係のみです(ホラー以外もあり)。
邦題タイトル名順です。

総数:202タイトル
更新記録:7作品追加、1作品更新(2012.4月度)

【あ】

【か】

【さ】

【た】

【な】

【は】行以降は「続き」に記載します。

これからも頑張って更新してゆきますので、
何卒よろしくお願いします。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

続きを読む
記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

 
プロフィール

○○○○していって...

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ