○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

2012年04月

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

BLOOD-C

201204_BLOODC

BLOOD-C 1 【完全生産限定版】 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
キャラデザ:CLAMP
監督:水島努

カテゴリ:ホラー/アニメ

【総括】

今回はチョット毛色が異なりホラー系のアニメです。
カテゴリ的にどうなの?うーん、まあホラー系なのでいいでしょう。

1クールのTVシリーズで全12話。続編(つか解決編か?)が夏に劇場公開される模様。

アニメ「BLOOD」シリーズのおさらいとして、2000年に「BLOOD The Last Vampire」が劇場公開。2005年から2006年で「BLOOD+」がTV放映(4クール、全50話)。そして本作が2011年にTV放映された。

「小夜(サヤ)」の名を持つ少女が主人公で、タイトルから連想されるように、彼女がバンパイア(バケモノ)を退治する展開は共通している。ただしバンパイアの呼び名は異なっている。劇場版ではバンパイア(たしか)、BLOOD+では「翼手(ヨクシュ)」、本作では「古きもの(フルキモノ)」と呼ばれており、ストーリ的な繋がりは無い。

【ストーリー】

主人公:更衣小夜(キサラギサヤ)は神主を父に持つ神社の巫女。メガネっ娘。昼間はかなり天然な女子高生だが、夜は父の八卦に従い「御神刀」で「古きもの」を退治する。詳細はネタばれになるので「続き」に記載。あと「古きもの」は勝手に命名した。

【感想】

実のところ本作をここで紹介するつもりはなかった。まあアニメという理由もあるが、なんせ「退屈」だったから。キャラデザはclamp氏。氏の10等身キャラとストーリーとのギャップもあって、DVD2巻目くらいで失敗だったかと後悔。惰性で毎月リリースされるDVDを観ていた感じ。しかしその「退屈」もラスト2話で帳消し。今までの「退屈」な伏線が最後に最大の盛り上がりを見せてくれる。驚くようなどんでん返しとかは無いけれど、謎解きと一緒にキャラのドロドロした内面がいい感じだ。始めの退屈感に耐えられればラストは満足いくかと思う。

小夜が手にした日本刀でバケモノを切り裂くシーンや、バケモノが人を捕食するシーンがある。シリーズを通して観ると本作が一番あざとくてグロい感じだ。特に人が襲われるシーンは流血ドバドバ、手は千切れる首はもげるで、いっそ清々しさを感じるくらい。clamp氏のキャラのためか、グロシーンほどに気持ち悪さは感じなかった。

観ていると大体2話くらいで設定環境に違和感を感じると思う。山。湖。人通りの極端に少ない道。そんな緑の多い小さな田舎町に異物でも放り込んだような高校の制服。異様に少ない生徒。綺麗に舗装された大きな道。でも車は通らない。造られたような違和感。勿論その辺りもラストへの伏線となるのだが、あたりまえのようにスルーされて進行する。
個人的には「BLOOD+」の小夜が一番しっくりくるかな。全50話っつうのが長いんだけれどw

【評価】

総合評価:★★★★☆(4.0)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★★★☆☆
  • グロ度:★★★★☆
  • サイコ度:★☆☆☆☆
  • ミステリー度:★☆☆☆☆
  • サスペンス度:☆☆☆☆☆
  • アクション度:★★☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

続きを読む

2ちゃんねるの呪い VOL.6

201203 2ch6
制作年:2011年(日)
制作:大橋孝史
脚本、監督:森川圭
収録時間:85分

カテゴリ:ホラー

【キャスト】

  • 金城成美
  • 岸田蓮矢
  • 大村仁望
  • 祐葉
  • 小原麻衣

【総括】

しばらく放置してしまいました。すみません。んで久しぶりの更新です。

ちょっとまえにリリースされた「2ちゃんねるの呪い6」です。実はリリース直後に観ていたのですが、なかなか書き起こすことができずにいました。オムニバス形式で全5作品。掲示板をネタにした怖い話。

全体的に面白いかなと感じさせてくれる作品が多かった。まあ尻すぼみなんだけど。特にお気に入りは「やってくる」。ストーリーというより演出がピンポイントで良かった。

【チャプター紹介】

各話「続き」にネタばれ。

  1. 心霊は何故写真に写るのか
    [概要]心霊に興味しんしんの女子高生ミカコ。予鈴に気付かずオカルト掲示板を見ていたミカコは、居合わせた女教師にスマホを取り上げられてしまう。放課後になり女教師からスマホを取り戻したミカコ。
    夜。リビングでオカルト掲示板を見るミカコは、心霊を信じている自分が何故心霊体験が出来ないのか?と不満を抱く。自分が見ることが出来ないだけと考えたミカコは、暗くて誰もいないキッチンに向けてスマホのシャッターを切る。丁度その時、友人のユキから電話。ユキは霊感のあるハルカが生意気と彼女を驚かそうと話を持ちかける。あくる日ミカコとユキは放課後の旧校舎へ。ひっそりとした扉越しに白い服を着た女が立っていた。
    [怖さ]★★★☆☆(3.0)
    [感想]ネタとしては標準かな。ただ女教師の役どころがイマイチ意味不明。気持ち悪い存在ではあるのだが、いなくてもストーリーとして成り立つのではないか?
  2. やってくる
    [概要]産婦人科から出てくる女性。社内で不倫の末に身ごもったようだ。オフィスでは女性に封筒を渡す男。中には札束。おそらく堕胎費用であろう。足早に帰る男。女性は追いかけるが、そこには妻と子供と一緒の男の姿が。愕然とする女性。
    女性が自宅に帰り缶ビールあおる。ベランダに出ると通りを挟んだ軒下に赤い服を着た子供が片手を振っていた。顔は暗くてよくわからない。気になったが無視して風呂に湯をためる女性。疲れたのか横になると寝入ってしまう。赤ん坊の泣き声で目を覚ます。風呂からは湯が溢れていた。
    ふと先ほどの子供が気になりベランダに出る。すると子供はまだその場に居て両手を振っている。なんとなしに手を振り返すと、子供ははしゃいだように両手を振り回しだした。そしてそのまま女性の住むマンションに駆け込んでくる。唖然とする女性。振り返ると扉の外から階段を駆け上がってくる子供の足音が近づいていた。
    [怖さ]★★★★☆(4.0)
    [感想]コレ良かった!ドッキリ演出はありきたりで「デスヨネー」といった感じなんだが、子供が駆け寄ってくるシーンがピンポイントで気にいった。両手を振り回してはしゃぐように走ってくる姿は、とてもアンバランスでゾッとした。ほぼ台詞なしの演出もGOOD!!
    ただラストは不満。一歩手前で止めておいた方が良いこともあるのに。
  3. 彼女が霊感バリバリでヤバイ
    [概要]会社員のユータ。外出先で元カノ、アヤコとばったり出会う。ユータは1年前にアヤコから一方的に別れを告げられたのだ。喫茶店に入り昔話。
    合コンで知り合ったユータの今の彼女、サキの話しになる。曰くヤバイくらい霊感が強いのだ。終電を逃したサキを自室に誘うユータ。その夜。ベットで寝ているサキ。隣では掲示板を見るユータ。突然サキが飛び起きて苦しみ出す。サキの表情は取り憑かれたソレだった。
    [怖さ]★★☆☆☆(2.0)
    [感想]タイトル的には一番興味をそそられた作品。でもそれだけ。
  4. 変な日記拾った
    [概要]心霊、オカルトが大の苦手なカエデ。一方彼氏のトシヤはデートでもスマホでオカルト掲示板を見るほどのオカルトマニア。怒って自宅に戻ったカエデは、トシヤと共通の話題造りのためもあってオカルト掲示板を見る。スレ一覧の最後尾にトシヤの見ていた「変な日記拾った」スレが目に留まる。中を閲覧するカエデ。そこには日記に書かれた、めちゃくちゃな日付と支離滅裂な話が書かれていた。
    [怖さ]★★☆☆☆(2.0)
    [感想]日記の内容は不気味。んでももうそっと間接的で継続的なラストの方がいい感じだと思うのだが。
  5. ネットの呪い
    [概要]オカルトを専門に扱っている小さな出版社に勤めるサクラユイ。前任者が行方不明となり、憧れの怪奇小説家カリヤアユコの担当を任される。自らオカルト好きなユイは喜んで引き受ける。
    新担当の挨拶するためカリヤ宅に訪れるユイ。ドアは開いているが応答が無い。室内に入るとパソコンを前にしたカリヤ。話しかけるユイに対してカリヤは終始無言だった。
    [怖さ]★☆☆☆☆(1.5)
    [感想]都市伝説的なお話。時間の都合もあるだろうが追い込まれ方がチョット強引かな。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

続きを読む

レビューインデックス(2012.3)

ご訪問ありがとうございます。
3月度までのレビューINDEXです。

ブログ本文の文字数制限超過に伴いINDEXを分割しています。

  • 本文:「あ」~「な」行
  • 続き:「は」~「数字」行

DVD関係のみです(ホラー以外もあり)。
邦題タイトル名順です。

総数:195タイトル
更新記録:4作品追加、2作品更新(2012.3月度)

【あ】

【か】

【さ】

【た】

【な】

【は】行以降は「続き」に記載します。

これからも頑張って更新してゆきますので、
何卒よろしくお願いします。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

続きを読む
記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

プロフィール

○○○○していって...

Amazonライブリンク
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ