○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

2012年01月

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

峠最恐伝説 怨霊ミッドナイト

201201_onryoumidnight

峠最恐伝説 怨霊ミッドナイト [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
制作:野島伸一、庄子圭
監督:宮本欽也
収録時間:84分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)

【総括】

それなりに期待して借りてはみたものの想像していたモノと異なった内容だった。率直に言ってガッカリ。僕が想像していたものとは再現映像で、まあこれは勝手に思い込んでいただけなんだけどw

内容は所謂「走り屋」として当時活躍(?)していた方々の不思議な体験談や聞いた話を語るパートと、車に関係した心霊スポットに怪談師:牛抱せん夏さんが赴いた検証映像パート。さらに牛抱さんによる怪談語りの3部をミックスした構成。体験談がメインだと思うが、収録時間に対してチャプター多くて総じて消化不良気味な印象を受けた。またクレジットされている土屋圭市氏も単にストーリーテラーというだけ。氏の不思議体験は語られず、オープニングとエンディングにちょこっと姿を現してコメントする程度。これは騙されたw

本作で紹介されるスポットは関東に絞られている。
まず体験談は極端に恐怖を煽る話しは無く怖さのレベルは低い。ただ場所が特定しやすいので、近隣であればコレを観た後で、「チョット行ってみるか」といった気分にはさせてくれるかも。走り屋とまではいかないまでも普通にドライブ好きな方ならリアルに共感できる部分もあると思う。個人的には首都高5号線(池袋線)の話しは頭に残ったかな。いやわりと使う路線なもんで。確かに妙にコーナーが多い路線ではある。

次に検証映像。訪れる場所は5箇所。ナビゲートは「怪奇女子会」で怪談語りをしていた牛抱せん夏さん。現場に赴いてそれっぽいコメントを残すのだが、決定的な映像は確認できなかった。検証もさほど時間を割いているわけではない。ちょろっと紹介している程度か。まあ夜なんでそれなりに不気味ではある。彼女自身に霊感ってあるのかしら?(そういえば「怨霊映像・特別篇 怪奇女子会 戦慄!ナデシコの恐怖」は借りたままでまだ観ていないな。長いんだよねー。あれ。)

最後に牛抱さんによる怪談語り。本作では車に纏わる怪談を2本披露している。

このシリーズ次作も出るような予告が収録されている。観ようかどうしようか思案中。以下ネタばれで紹介します。

【各話紹介】
体験談はタイトルのみ。収録順。

  1. Act.1 茨城県(筑波山)
    Yashio Factory(埼玉県草加市青柳)の岡村和義氏。
    -語り その壱:走りの聖地
    -語り その弐:乱れるコンピューター
    -語り その参:塗り込まれたオイル
  2. 怨霊スポット巡礼 その壱:漆黒の森に突然現れる祭壇
    埼玉県所沢市、国道463号付近。
    夜の神社。街灯もない林の中を歩いてゆくと鳥居が現れる。社の脇には墓石のような石碑が2つ並ぶ。鳥居の付近で人が死んでいるようだと牛抱さん。社殿の裏手にまわるとお墓。さらに奥へ。木々に囲まれるようにやはりお墓。急に風が強くなる。撤収。
    ⇒場所自体は不気味さを感じる。
  3. Act.1 茨城県(筑波山)-つづき-
    -語り その四:物怪の怨念
    -語り その伍:素顔の筑波山
  4. 怨霊スポット巡礼 その弐:闇夜に眠る廃ガレージ
    埼玉県所沢市上山口、某所。
    夜。ガレージに向かう途中に神社らしき場所。牛抱さんが先の方に青い光が見えるというが映像では捕えられていない。
    気を取り直してガレージへ。中に潜入。奥の方に怨念を感じるというが映像には異常無し。そうそうに撤収。
    ⇒外見は結構怖そうだが、屋内に入るとそうでもない感じ。レポートも中途半端。チョット入ってスグに終わってしまう。このガレージより途中の神社が気になる。
  5. 怨霊物語り:ドライブライン
    千葉県某所。ある主婦がドライブラインを夜走っていた時のこと。街灯もない山間の道。ドーンと突然車の上に何か落ちてきたような大きな音と衝撃。驚いて車を停めた彼女。すると車の後ろから脇を抜けてなにか這いずるような音。やがて前方の暗い道には両腕、下半身のない女の姿。彼女が悲鳴を上げると、女は無い腕を使って道の脇に入っていった。
  6. Act.2 埼玉県(正丸峠)
    ミヤマガレージの大宮山康範氏。
    -語り その壱:消失した番号
    -語り その弐:事故車の噂
    -語り その参:事故車の怨念
    -語り その四:峠と事故
  7. 怨霊スポット巡礼 その参:伝説の走りスポット
    埼玉県所沢市某所、西部ドーム付近。
    昔は走り屋達で賑わった道路。今は高速で走れないような道路改修がなされたが、その場所で死亡した走り屋の亡霊の目撃談が多く存在するとのこと。
    ⇒巡礼と言うか「たまたま通り道だったから収録した」といったレベルのレポート。
  8. Act.3 神奈川県(ヤビツ峠)
    Bee Racing(東京都町田市小川)の今井清則氏。
    -語り その壱:恐怖のトンネル
  9. 怨霊スポット巡礼 その四:山の神が凄む隧道
    神奈川県、山神隧道。
    コンクリート製の小さなトンネル。中の照明もなく真っ暗。トンネル内で赤ちゃんの泣き声が聞こえるとの噂がある。確かにいろいろな音に混じりそのようにも聞こえる。トンネルの先にあるのはキャンプ場だけらしい。しかしキャンプ場はすでに廃業されておりトンネル自体の役目は終わっているようだ。
    ⇒映像からは普通のトンネルのようにも見える。暗闇が怖さを増長しているだけなのかな。
  10. 怨霊物語り:友人Aの話
    10年歩ほど前。妹と友達と一緒に茨城県にドライブにいったAくん。山道を走り峠に差し掛かった時、道路わきに赤黒い鳥居が見えた。鳥居は車がくぐれる程度の広さがありAくんは中に入る。進んでゆくとトンネルがあり、Aくん達はトンネルの中で車を停める。しばらくすると何かを叩くような音、続いて車が後ろに引きずられるような衝撃。突然妹が「痛い」と泣きだす。同時に車の揺れが収まり、朝になって病院へ行くと妹の足が折れていた。また車の後部は何かに叩かれたような凹みが無数に付いていた。
  11. Act.3 神奈川県(ヤビツ峠)-つづき-
    -語り その弐:宮ケ瀬湖
    -語り その参:虫の知らせ
  12. 怨霊スポット巡礼 その伍:投身自殺が絶えない橋
    神奈川県愛甲郡清川村(県道64号付近)。
    街灯もない橋。両脇には背の高いフェンスとその上に鉄条網。自殺者が絶えないため防止用に改修したようだ。
    ⇒やっぱりちょろっとした紹介程度。残念。
  13. Act.4 東京都(首都高速)
    MCR(埼玉県八潮市大曽根)の小林真一氏。
    -語り その壱:首都高の魅力
    -語り その弐:墓地を避けた場所
    -語り その参:幻の公道レーサー
    -語り その四:首都高最速

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

闇動画

201201_yamidouga

闇動画 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
収録時間:66分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)

【総括】

本作の監修:児玉和土氏は、「ほん呪」vol.22-41の構成・演出、また「封印映像」1-6の監修を携わった。つべにうpされていた予告編からも期待度は高い。ただハズレだったときのガッカリ感は避けたいので、過度な期待はせずに観ようと思った。

のだが。。。

いやいやこれがなかなか。
どうやら新年初頭から当たりを引いたようだ。

全部で5チャプター。収録時間が約65分。時間も適度で良い。それ以上にガチかフェイクかは置いておくとして大きなハズレがなかった。また映像としてもスペックは高い方だと感じた。

内容はオカルト(呪い)や事件絡みもあるが総じて心霊絡み。また一部にはグロ映像もあるので、苦手な方は注意した方が良い。

なお続編も企画されているようなので、リリースされたら借りて観よう。

ではネタばれ有りで紹介します。

【各話紹介】

  1. 晩夏の夜に招く者
    [分類]心霊+事件
    [概要]夜の川辺で花火を楽しむカップルの映像。石が転がる音で振り返ると白い服を着た少女のような姿が。改めて観ると姿が無く、今度は声が聞こえる。声に導かれるように河原の草木を分け入ってゆくと、そこには少女の(腐乱?)死体が転がっていた。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]まあ想定範囲内ではるがトップバッターとしてはまずまず。死体の映像が無ければガチっぽさがUPしたようにも思える。
  2. 通りすがりの女
    [分類]心霊
    [概要]河原で釣りとバーベキューに行こうとしている男女の映像。車内でゴカイ(釣りの餌)を取り出してはしゃぐ姿。そのうしろ。リアウィンドウ越しに道路に立つ黒い服の女の透けた姿。カメラが流れると姿が消えている。と。今度は後部座席を覗きこむ白い女の顔。また消える。最後は助手席に乗り込んでカメラを睨む女の顔。
    [怖さ]★★★★★
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]これ好きだなぁ。個人的にはツボだ。特に車外から車内を覗きこむ顔つき。判っていてもビクッとしてしまう。ラストも表情(特に目)が脳裏に張り付く。うーん。たまりまてん。
  3. 墓参り代行
    [分類]オカルト
    [概要]墓参りの代行を依頼された便利屋業者の映像。店長と投稿者の2人が山道から逸れて林の中を進む。時刻は深夜。墓参りの条件をいろいろ依頼されているようだ。しばらく進むと紙垂の付いた縄で四角く囲まれた卒塔婆が現れる。依頼者から指定された「墓参りの方法」を実行する業者。
    即ち、それぞれ四つ角に刺された鎌で縄の4辺を切る。次に4つの鎌を地面に四角形に刺す。杯に注いだ日本酒を墓前に置き、それを飲み干す。メモに書かれた祝詞を読む。最後に合掌。
    墓参りを終えるとカメラや懐中電灯の照明が一斉に消える。暗闇の中、投稿者が店長を探す。投稿者がカメラをナイトショットに切り替えるとうずくまった店長の姿。同時に画像にノイズが混じり始める。やがて店長は放心したように林の中を歩きだす。投稿者が店長を追うが、林の中からいくつもの生首が宙に浮いて迫ってきた。投稿者が車まで逃げ帰ると店長が車内で死亡していた。カメラを置いて救急連絡しようと走り出す投稿者。残されたカメラには車内を覗きこむ人の姿。
    [怖さ]★★★★☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]解説されているが確かに儀式、呪術を思わせる。ただ首達は飛ぶのはやり過ぎか。
  4. 五目ならべ
    [分類]心霊
    [概要]五目ならべで遊ぶする子供たち。背後の壁に顔が浮き出して消える。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]単純な分不気味に見えるかもしれない。僕は吹いてしまったがw
  5. 復讐
    [分類]事件+心霊
    [概要]清掃業者による投稿映像。あるマンションを清掃した時に映像を発見したとのこと。マンションは暴力団関係者が多く住んでいたらしい。
    妊婦の映像。なにやら男たちが彼女の了解を取ろうとしている。暴行され仕方なく了承する女性。男たちは嫌がる女性に何かの薬を飲ませる。くったりとした姿。
    続いて白装束に着替えた妊婦。手元に短刀が差し出される。薬の所為か女性は妙にハイテンション。女性は手元の短刀を抜くと自分の腹に付き立てる。しかし段取りが悪いらしく男たちが止めに入り映像が乱れる。
    次に映されたのは腹を割かれて胎児を取り出された女性の映像。男たちは死んだ女性を浴室に運ぶ。映像は部屋に残された胎児を映している。やがて胎児の周りが黒くなり、黒い塊が浴室の方へ飛んでゆく。浴室からは男たちの話声。どうやら死姦シーンを撮るらしい。浴室で男たちの悲鳴。胎児の目がぎょりと動く。
    後日投稿者が清掃時に浴室を撮った写真には、無数の小さい手形、足形が写っていた。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]★★★★☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]リアル系な怖さを感じた。肝心の映像は怖さよりも気持ち悪さが先に立つ。まあどうにも胎児が造りものっぽく見えるのと、腹を割いた様が胎児を取り出したとは思えないように綺麗だったことが残念か。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

稲川淳二 真相・恐怖の現場 ~禁断の地、再び~ VOL.3

改めまして明けましておめでとうございます。
今年も「ゆっくり」「まったり」と更新してゆきますのでよろしくお願いします。

2012年1発目は旧作です。新作レビューしたかったのですがイマイチ琴線に触れる作品を観ることができていません。ちなみに今一番期待しているのが2月レンタルリリース予定の「インシディアス」(洋画)。直近では今月初旬リリース予定の「峠最恐伝説 怨霊ミッドナイト」と「闇動画」(共に邦画)ですかね。近々ご紹介できればと思います。

前置きが長くなりました。では始めたいと思います。

201111_ijgenba23

稲川淳二 真相・恐怖の現場~禁断の地、再び~ VOL.3 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2006年(日)
収録時間:81分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)

【総括】

『恐怖の現場』シリーズ通算5作目(セカンドシーズン3作目)。本編80分+特典映像14分。本編では2か所の心霊スポットを紹介(検証)。

本シリーズを含め昼間のロケハンもどきと夜の本番にわけて紹介する場合があるが、映像を通しても昼間と深夜のギャップが感じられるトキがあり興味深い。残念ながら本作では夜訪れるパターンのみ。訪れた場所は2か所ともハイスペックな場所だと感じただけに、昼と夜の様相があるよかった。

以下、ネタばれ進行で紹介。

【概要】(敬称略)

  1. 無数の霊魂が眠る宿
    茨城県の廃病院。場所詳細は不明。女性アシは瑠花と高木梓。
    時刻は夜。舗装されているが走っている車が無く寂しい感じ。そんな静かな公道に面して目的の廃病院が姿を現す。正面は草木が生い茂っていて手入れがされていない。分け入って進むと自動ドアが開いた入り口が見えてくる。外観は比較的綺麗。
    内部へ侵入。落書きこそ少ないが結構荒れた感じだ。書類(レントゲン写真)、注射器、アンプルなどが散乱している。救急入り口なのに道路に面していない。手術室が2階なのにエレベーターが見当たらない。など、構造上の不自然さがある。
    その手術室で稲淳の怪談開始。
    手術室と霊安室には必ず行く
    3人の若者が肝試しに訪れた廃病院。中を進んでゆくと手術室。その一角に閉ざされたカーテンがあった。1人がカーテンを開けようと手をかけると、その手を冷たい手が握ってきた。握ってきた手を振りほどいた時に手の中に指輪があった。指輪を持ち帰ってしまう。家に帰り電気をつけたまま寝入ってしまう。ふと気がつくと部屋の電気が消えていた。さらに暗闇に目を凝らすと女がいた。気を失って良く朝を迎えると指輪が消えていた。
    その手術室で検証開始。また稲淳が気になる場所として近くの207号室に定点カメラ。
    -発光体
    -ラップ音
    -画像乱れフリッカー
    -声
    -顔のようなもの(見えなくはない)
    ⇒ここはいい感じだ。なんか存在感があるというか。
  2. 戦慄!あの世のペンション
    福島県の廃ペンション。場所詳細不明だが冒頭の背景に駅が出てくる。どうやらJR磐梯西線、翁島駅(無人駅)のようだ。女性アシは二宮歩美と瑠花。
    夜。林の向こうに洋風の建物。ペンションを前に当時のいわくを語る稲淳。その肩口に顔が浮かび、また、音声が入る。
    ⇒僕の観ている映像が劣化している所為かよくわからず。
    屋内へ侵入時にも内部で物音。建物はかなり老朽化しており落書きも酷い。威嚇するような音声が混じる。
    ⇒これはハッキリ聞き取れる。
    いくつも天井からぶら下がる輪っか状のロープ。発狂したオーナー夫人が赤ん坊を殺したとされる浴室。浴槽に溜まった水面に顔のようなものが映る。
    ⇒微妙。反射しているだけのようにも見える。
    入り口スグにある暖炉の前で稲淳の怪談。
    マスコミ関連に従事している人の話し。仕事帰りに道に迷ってしまうが、走る車の中で木々の間に灯りが見えた。灯りを頼りに近づくと大きなペンション。ノックしても応答が無いので、ドアを開ける。すると正面の暖炉の前に男性が背を向けて椅子に座っている。声をかけるが答えがない。不審に思い前にまわると男性は血まみれで死んでいた。さらに周りを見ると、窓、ドアの隙間などあらゆるところからコチラを覗く目。驚いて車に戻り振り返ると、そこにはペンションのなれの果て、廃屋だった。
    稲淳が写したポラ。緑色の発光体が写っている。
    暖炉前で検証開始。
    ⇒浴室じゃないのか?
    稲淳が人影を見る(映像は無し)。また歩き回る足音(これは聞こえない)、発光体。
    ⇒ここは怖いな。まるでホーンテッドマンション。稲淳曰く「訪れた人を殺す家」。「ヘルハウス」ですね。
  3. 映像特典「隔離病棟…。」
    MYSTERY NIGHT TOUR 2002「稲川淳二怪談ナイト」より
    関東のある病院に看護婦として勤務していた秋山さんの話し。看護婦寮で暮らしていたのだが、寮の改築に伴い、秋山さんを含めた5人の看護婦は敷地内にある未使用の古い建物で暮らすことになる。
    暮らし始めてから奇妙なコトが起きるようになった。寝る時に人の気配を感じたり、寝ていると耳元で足音がしたり、深夜にドアの開閉音がして見ると誰もいなかったり、床下からストレッチャーの動く音がしたり。
    ある日1人の看護婦が突然行方不明となる。警察も動員して捜索するが見つからない。結局失踪扱いのままとなる。
    そんなことがあって秋山さんが寝ているとドンドンとドアを叩く音。開けると同僚が青い顔をして立っていた。曰く1階の共同トイレから戻る時に行方不明の同僚の姿を見かけたというのだ。
    明けて階段付近を調べていると裏側に小さな扉を発見する。先輩と同僚、そして秋山さんの3人で中に入る。入るとスグに下へと続くコンクリート製の階段。降りると両側に通路。先輩によるとこの病院に昔あった伝染病患者用の隔離病棟へ通じる地下道なのだが、あるときこの通路で自殺があり病院が封印したとのこと。
    3人が暗い地下通路を歩いていると、後ろからストレッチャーの音。それに混じってうめき声が近づいてくる。怖くなり逃げる3人。途中秋山さんが転んで置いていかれてしまう。しかも何か足にからんで立てない。近づいてくるストレッチャーと息遣い。
    秋山さんを心配した先輩が戻ってきた。先輩の悲鳴。先輩の明かりの照らす中に顔の形が変わった男女数人がコチラを見ていた。そして秋山さんの足には女の死体がしがみついていた。女の死体は行方不明の看護婦だった。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

レビューインデックス(2011.12)

★☆謹賀新年☆★
皆さまにとって良い一年になりますように
★☆★☆★☆★☆

ご訪問ありがとうございます。
12月度までのレビューINDEXです。

はじめに。。。
今回よりINDEXの構成を変更しました。
理由はブログ本文の文字数制限超過ですorz
なので「本文」と「続き」に分割いたします。

  • 本文:「あ」~「な」行
  • 続き:「は」~「数字」行

まあ急場しのぎなのは明白なので、対策は追ってゆっくり考えようかと思ってます。

DVD関係のみです(ホラー以外もあり)。
邦題タイトル名順です。

総数:175タイトル
更新記録:10作品追加、1作品更新(2011.12月度)

【あ】

【か】

【さ】

【た】

【な】

【は】行以降は「続き」に記載します。

これからも頑張って更新してゆきますので、
何卒よろしくお願いします。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

続きを読む
記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

プロフィール

○○○○していって...

Amazonライブリンク
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ