○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

2012年01月

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

パラノーマルサイキック 呪

201201_paracyc-ju

パラノーマルサイキック 呪 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
制作:平尾忠信
監督:岡崎喜之
収録時間:84分

カテゴリ:ホラー

【キャスト】

  • 鳥飼愛美
  • 中岡晴子
  • 加藤優季

【総括】

以前「1」を観て、近々「3」が出るようなので今更ながら「2」を観てみようかと。たしか「1」は惨敗だった記憶がある(だから「2」を観なかったはずだ)。喉元過ぎればなんとやらという感じもする。懲りずにスミマセン。

物語は前作で2人の行方不明者を出した「家」のその後をPOV形式で進行する。前作を観ていなくても問題無いと思うが、一連の流れがあるので時間が許して興味があれば「1」から観た方が良いか。

ホラー要素は全編を通して前作と同等レベル(低い)か。また前作でも感じたことだが検証シーンまでが長い。前段35分は検証に至るまでの経緯になる。これを10分に押さえれば、もそっとスッキリとした作品になると感じた。

【ストーリー】

前作で2人の行方不明者を出した問題の家のその後。前作のスタッフは(監督を除き)全員関与を拒絶、新たなメンバーで撮影に挑む。挙動不審な家屋の管理人の出現などがある中、密着取材を試みる新キャストは怪現象を体験することに。

※詳細は「続き」にネタばれ

【感想】

うーん。。。怖くない。

映像のどこに怖いと感じるポイントがあるのか微妙なとこではある。怪現象の多くは『音』にあるため、登場人物と怖さを共感しにくいのかな?怪異に遭遇した人のリアクションに違和感が残り、精神的に追い詰められる過程も急すぎて追いつけない。結果視聴者置いてけぼりで怖さを感じない。

コトの始まりは風呂場の心霊写真だけど検証映像がない。写真は冒頭で紹介される。わりと気持ち悪い。また、2階を中心として異変が起きるが、2階には定点カメラを設置しているにも関わらず、その映像が無いのも不満。

ラストは意味深に『続く』ような終わり方。まあ「3」のリリースを控えているので決着すると思っていなかったが、それにしてもスッキリとしない終わり方だ。気になるので次作も借りるつもりだけど、次で終わるのかな???てか終わって欲しいです。

【評価】

総合評価:★☆☆☆☆(1.5)

  • 面白さ:★☆☆☆☆
  • ホラー度:★★☆☆☆
  • グロ度:★☆☆☆☆
  • サイコ度:★☆☆☆☆
  • ミステリー度:☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:☆☆☆☆☆
  • アクション度:☆☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓


映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

続きを読む

稲川淳二 真相・恐怖の現場 ~恐怖の検証~ VOL.4

201201_ij-genba4

稲川淳二 真相・恐怖の現場 ~恐怖の検証~ Vol.4 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2007年(日)
収録時間:84分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)

【総括】

予定では『屍國 禁じられた遊び 2 西関東編』をレビューしようと思っていたのだが、リリース日(1/20)を過ぎてもレンタル開始されないorz

ということもあり、『恐怖の現場』シリーズ通算6作目(セカンドシーズン4作目)です。本編84分+特典映像16分。本編では2か所の心霊スポットを紹介。

2か所ともまずまず怖い。個人的には廃屋の検証が良かった。ただ女性アシは若干煩さ目。チョットシラケル。

以下、ネタばれ進行で紹介。

【概要】(敬称略)

  1. 異界へ誘う、死霊の扉
    埼玉県飯能市、畑トンネル。
    女性アシは二宮歩美、島本理沙のお2人。
    夜。現場へ徒歩で向かう一行。カーブミラーが破壊されている。稲淳曰く「振り向いてはいけない」、「目を開けてはいけない」場所であり、ミラーは全部破壊されているらしい。街灯もない暗闇の先に真っ暗なトンネルが姿を現す。進入路は舗装されておらず、トンネル自体も幅は対向がやっとか。でもってわりと短い。まずは3人でトンネル内へ入り、次に1人ずつハンディカメラを持って侵入。
    トンネルを前に稲淳の怪談。
    前振り1:振り向いた人。友人数人でトンネルに。中に入ると後ろから掛け声をかけられる。振り向いた瞬間、自分が最後尾だと気付く。見ると見たこともない男が立っていて口から血だらけの手が伸びた。
    前振り2:目を開けた人。やはり数人でトンネルに。中に入ると足音が聞こえる。全員目を閉じるが、1人が我慢できずに目を開ける。すると周りには誰もおらず、自分の周りを無数の人魂が廻っていた。
    本編。夜に友人と車でトンネルへ。トンネル内をライトを消して徐行していゆくと、突然車の天井に何かが落ちてきた音。そして何かが蠢く音。全員が目を閉じる中、運転手が薄眼を開けてルームミラーを見ると、リアウィンドウにルーフからぶらさがった女の姿があった。
    トンネル前で検証開始。
    -声
    -黒い人影
    -発光体
    ⇒検証開始当初から異変が起きている。一部フォーカスされるが映像からはよく確認できない。でもってアシのキャーキャーは多めw泣くわ取り乱すわwww確かに何か音(声?)は入っているようだが、さすがにイラッとした。
    ⇒冒頭に神社を訪れる。トンネルと因縁めいたことを話すが、結局具体的な話しは無かった。
  2. 生霊が嘆く墓場
    福島県、弁天山の廃屋。
    アシは引き続き二宮、島本の両名。
    公道脇の林の中へ続く小道。柵で閉ざされている。侵入。小道を進むと石造りの門扉。藪の中をさらに中へ。レンガ造りの門扉の奥に廃屋。かなり老朽化が進んでいるようだが落書きが無く比較的綺麗。屋内。人為的に破壊された様子は見受けられない。
    入り口はこじんまりとした感じだが、内部は奥まで造られていて深い。庭に社。木々の中に4階建の別棟。狭い階段を登る。最上階の和室。窓の外に山の上へ続く階段。上に鳥居。敷地内に神社があるような構造だ。一旦外に出て神社へ。階段を登り鳥居まで行くが、その先が倒木に塞がれている。
    廃屋へ戻り稲淳の怪談。
    稲淳の体験談。伊豆旅行で友人の別荘(日本屋敷)へ泊まった時の話し。夜。街で飲んで1人先に宿に帰ってきて部屋でうとうとしていると、庭の方が明るくなりざわつきだす。やがて井戸から僧侶が現れて部屋に向かう。宙を浮かんで移動してくると壁に消えていった。さらに寝ていると耳元で息遣いとお経とも呪文ともとれない声。飲んでいた友人たちが帰ってくる。友人の寝姿を見ると友人の顔を僧侶が覗きこんでいた。後日友人である米の霊能者と改めて屋敷に行くと、井戸が倒されてお社が建てられていた。
    母屋。台所の隣の居間で検証しようとする。居間にはお札が散乱しており、納戸の襖には没年と名前が書かれた半紙が貼られていた。台所に小柄な中年女性が威嚇している姿が見えると稲淳(映像では確認できない)。映像が取れないと怯えるアシを説得する稲淳。
    検証開始。
    居間の畳の状態がおかしい。1畳をワザと半分に切った感じ。畳を上げる。昭和59年の新聞。床下に小さな収納庫。その蓋を開けることは無かった。
    -声
    -青白い顔
    -発光体
    -人の姿?
    ⇒映像を通すとそんなに怖い印象を受けなかったのだが、結構いろいろ起きている。また映像面で印象に残ったパートでもある。ただサブタイの「生霊」とは異なるのでは?
    ⇒稲淳の怪談話は何度か聞いたことがある内容だった。
  3. 映像特典「靴の中の骨。」
    MYSTERY NIGHT TOUR 2003「稲川淳二の怪談ナイト」より
    中国地方の40代の会社員の話し。事業で工場の下見にやってくる。さびれた場所で宿屋は宿坊しかない。その2階建ての大きな宿坊に1人で泊まることに。他の宿泊客はいない。
    翌朝。早目に起きて趣味でもあるジョギング。線路に並行した一本道を走ってゆくと、やがて両脇を竹やぶに挟まれた道になる。藪の中を見ていると革靴が土から飛び出していた。嫌な感じを受けながらもその靴を手に取ると土から抜けた。見ると中には靴下。引きだすと中に骨が入っていた。宿に戻り通報。靴は工場で警察に引き渡す。
    再び宿坊。夜。やはり宿泊客は自分だけ。机に向かって仕事をしていると、表でモノが擦れるような音。やがて玄関の扉がけられ、音が屋内に入ってくる。廊下をコチラに向かってくる。荒い息遣いも聞こえてきた。廊下に顔を出すが真っ暗で誰もいない。ふと視線を下に向けると廊下の床に男が張り付いていた。血まみれの顔で下半身が潰れており、コチラに這い寄ってきた。驚いた会社員は部屋に戻り背を向けて目を固くつむる。這い寄ってきた男は、さらに背中を這いあがってくる。耳元で息遣いと共に「俺の足しらないか?」。
    後日警察が調べたが足の主は判明しなかった。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

劇場版 ほんとうにあった怖い話

201201_honnkowa-gekijo

劇場版 ほんとうにあった怖い話 3D(Blu-ray Disc)
クチコミを見る

制作年:2010年(日)
制作:張江肇、鈴木ワタル
監督、脚本:室井孝介
収録時間:75分

カテゴリ:ホラー

【総括】

投稿をベースにした再現映像のオムニバスホラー。全5話構成。

視聴するきっかけは、以前紹介した「立入禁止 -●REC-」のレビューにコメントを頂いたこと。本作のロケ現場と「立入禁止(ry」の現場が被るということでした。ちなみにレンタルしたDVDは「3D」仕様。3D環境のない僕にはあまり関係ないが、劇中の選出や効果は3Dを意識していたようにも感じる。

内容はまずまず。つか満足できた。ホラー要素も十分満たしていると思う。後半は流血多め。

また「モーニング娘。」の新垣里沙が出演していた。まあアイドルに疎い僕はエンドテロップでその存在を知ったのですけどw

【各話紹介】※「続き」にネタばれ

  1. 廃工場
    バイト先の先輩と2人でバイク工場を開業しようとした投稿者。先輩の知人の不動産業者から格安物件を紹介される。昼間、2人で現場を下見に行く。先輩は不穏な空気を感じて怖気づく投稿者に対して現場の撮影を指示。自らは屋内の掃除に取りかかるのだが。。。
  2. 心霊スポット
    霊感のある元カノと夜の公園(心霊スポット)を訪れる。いつの間にか2人ははぐれてしまった。投稿者が彼女の携帯に電話するも通じない。懐中電灯片手に彼氏を探して徘徊する彼女の前に。。。
  3. 誰かいる
    新居に引っ越してきた家で1人留守番する女の子の話し。夜。1人でDVDを見る。心霊作品だ。女の子はドッキリシーンで驚いてカップを落としてしまう。慌てて床を拭く彼女。なにげにカーペットをめくると血痕のようなしみを見つける。唐突にテレビの画面が乱れだし。。。
  4. 死の土壌
    有機野菜コミュを通して共同で畑を購入した女性。快晴の畑。当初賑わっていたが、日を追うごとに減り続け、ついに投稿者と男性1人、女性1人の3人になってしまった。男性を残して先に帰る女性。男性が1人で耕していると不穏な空気。掘り起こした土壌を覗きこむ男性は、そのまま引きずり込まれてしまう。。。
  5. シセン
    帰宅途中の3人の女子高生。投稿者が家庭教師から携帯に電話。話していると上からヒールが落ちてきた。見上げる投稿者。同時に血しぶきを浴びる。目の前には飛び降りてきてアスファルトに叩きつけられた血まみれの女性があった。

【感想】

オムニバス作品のため個々の作品ごとに評価は異なるが概ね面白かった。

ド派手な演出こそ無いが、地味ながらも細かい不自然さ、オーソドックスであるが恐怖を感じるツボは押さえていると思う。くるぞくるぞ、と思わせておいて来なかったりするバランスがいい感じ。来ないとハラハラ感が増すような気がするのは僕だけか?

【評価】

総合評価:★★★☆☆(3.5)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★★★★☆
  • グロ度:★★☆☆☆
  • サイコ度:☆☆☆☆☆
  • ミステリー度:☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:☆☆☆☆☆
  • アクション度:☆☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

続きを読む

ラスト・アサシン

201201_lastassasin

ラスト・アサシン [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(仏)
原題:Requiem pour une tueuse
制作:アラン・テルジアン
脚本、監督:ジェローメ・ル・グリ
収録時間:92分

カテゴリ:サスペンス

【キャスト】

  • メラニー・ロラン
  • クロヴィス・コルニアック
  • チェッキー・カリョ
  • ジャン=クロード・ドレフュス

【総括】

紹介記事にアクションスリラーと書かれていたのでレンタル。ジャケ写もいい感じだし、「ソルト」とか「ニキータ」、あるいはスリラーとあるからゾンビは無いにしても「バイオハザード」っぽいのかと勝手に思っていたんだけど、飛んでも8分歩いて15分といったところでしょうかw

少なくとも「ソルト」等のアクションシーンを期待するとダメ。当然ホラー的な要素も皆無。サスペンスも中途半端で消化不良気味。何が「サスペンス」なのかが良く判らない感じ。

まあメラニー・ロランは綺麗でした。彼女が好きな方は観てもよかろうと思います。

【ストーリー】

娘のために足を洗う決意をする凄腕の暗殺者:リュクレス。最後の仕事として富豪が主催する音楽祭に歌手として潜り込む。依頼主は某大手石油会社。ターゲットは石油会社の事業の妨げとなる人物で音楽祭に歌手(バス)として参加している。

リュクレスは機会を伺いながらターゲットに近づくのだが。。。

※「続き」にネタばれ

【感想】

つまらん。

スリラーどころかアクションも満足になく、gdgdな雰囲気の中、主人公の女性暗殺者が(良く判らない理由で)苦悩しながら足を洗う過程の映像を垂れ流した内容だった。せめてもう少しまともなアクションシーンでもあれば盛り上がりもあったろうに。

さて。サスペンス要素はどこにあるのか?
おそらく主人公と共に潜り込んでいるはずの「もう1人の暗殺者」は誰なのかなのだろう。これが映像を通すと判りにくい。何か切迫感のような雰囲気があるのだが、それが何なのか映像を通して伝わってこないというか、出演者だけがハラハラしてて視聴者置き去りというか。

何よりいただけないのが「決して失敗しない凄腕の暗殺者」というわりには言動が非常にお粗末。素人の監視(カメラとかじゃなくガン見)に全く気付かなかったり、簡単に殺されかけたりと、とにかくとても「凄腕」とは思えないのだ。暗殺シーンも行き当たりばったりで危なっかしい。まあ「直面した危機を臨機応変に回避して任務を遂行する」と言えば聞こえがいいのだが、肝心のアクションが地味なので印象に残らない。

唯一良かったのはぬこが可愛かったことだけとかw

視聴後のスッキリ感も無く、二度と観ることは無いでしょう。

【評価】

総合評価:☆☆☆☆☆(0.5)

  • 面白さ:★☆☆☆☆
  • ホラー度:☆☆☆☆☆
  • グロ度:★☆☆☆☆
  • サイコ度:★☆☆☆☆
  • ミステリー度:★☆☆☆☆
  • サスペンス度:★★★☆☆
  • アクション度:★☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む

呪いの事件簿

201201_noroijikenbo

呪いの事件簿 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
監督:菊池宣秀
収録時間:75分

カテゴリ:ホラー

【総括】

呪いが関与された未解決事件を映像化したという作品。3つの物語を収録したオムニバスホラーだ。監督は「ほん呪」を手掛けた菊池氏。また「闇動画」の児玉監督が企画協力として参画している。3話共通して心霊系のお話。グロは控えめ。

【概要】※続きにネタばれ

  1. (File.1)振り込め詐欺の呪い
    振込詐欺を企てる3人の若い男女。ジュン(♂)、幸太(♂)、ユカ(♀)。
    あるときジュンは老女を相手に100万騙し取ることに成功する。
    半年後。その後の大きな成果(?)もなく騙し取った金も使い切った3人。仕方なしにジュンは先に成功した老婆に再度詐欺を仕掛ける。まんまと200万の振込の約束を取り付けるが、指定された口座にお金が振り込まれることは無かった。しびれを切らした幸太は老婆の家を訪れるのだが。。。
  2. (File.2)禁断のダイエットサプリ
    ダイエットサプリの通信販売を手掛ける小さな会社。社長1人、アルバイト1人で共に女性が営んでいるのだが売り上げは芳しくない。製品の効果が出ないと返品の山を抱える状況だ。売り上げの落ち込みに悩む社長は、あるときネットで人肉サプリの記事を目にする。
  3. (File.3)臓器移植の真実
    父親と娘が変死した事件。娘は胸部を刃物で刺された失血死。医師の父親は絞殺で見つかった。
    心臓病を抱えた娘を持つ父。彼は自ら開業している病院を訪れた患者の若い男性が、娘の心臓と適合することを知る。そして男性を病院へ呼び付けると。。。

【感想】

事件を主題にしているため、主人公が「悪」で幽霊が呪いと称して仇を討つような構成。勧善懲悪というか天罰というか。そういった心情が働いているのは確かで、観ていて呪われる方々に対する理不尽さはあまり感じない。むしろ幽霊サイドを応援したくなるw

一部俳優さんの演技はチョット難あり。またホラーシーンもベタだなと感じる所もあれば、突っ込みたくなる設定もある。それでも観ていて面白かった。これは脚本や演出の影響と思うが、それ以上に無差別に呪いを撒き散らすといった作品と異なり、悪役が明確なところが判りやすいためだと感じた。

【評価】

総合評価:★★★☆☆(3.5)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★★★★☆
  • グロ度:★☆☆☆☆
  • サイコ度:★☆☆☆☆
  • ミステリー度:☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:★☆☆☆☆
  • アクション度:☆☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む
記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

 
プロフィール

○○○○していって...

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ