○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

2011年10月

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

実録!心霊スポット

201110_sinreispot

制作年:2011年(日)
収録時間:64分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)

【総括】

「実録!心霊三部作」の2作目に該当する作品。1作目は『実録!心霊写真館』。3作目は『実録!呪いの動画』で11末レンタルリリース予定。制作に大橋孝史氏。「ほん呪」手掛けた方ですよね。

でもって観てみると。。。

あのー。。。これって笑っていい作品なの?そうなの??

訪れる場所は3か所。それぞれ別の女性レポーターを引き連れて検証する。極端にショッキングな映像はないものの、何れも夜間の撮影でそれなりに雰囲気のある出来だと思う。
しかーし。いかんせん作りました感はバリバリw
後述するが、ワザとやっているとしか思えない。そう考えると、やっぱり。。。

笑っていい作品でイインデスヨネ???

でもあれだ。セリフが字幕で出てくれるのは大変助かる。ドキュメント系は音声が聞き取りにくいことがままある。視覚的に補ってもらえるとその分映像に集中できる感じだ。

ともあれネタばれ進行で紹介。

【各話紹介】

  1. File1:樹海の電話ボックス
    レポーターは南寧々さん。場所は青木ヶ原樹海だ。午前2時頃に幼女の霊が現れるといわれる電話ボックスが目的地。レポーターの承諾なしに連れてゆくw
    日も落ちた時刻に到着。ディレクター:葦戸健氏と(カメラさんと)一緒に暗くなった樹海を歩いてゆくと、道脇にピーナッツ人形が落ちている。
    ⇒人形の表情が不気味。にしてもピーナッツwww
    次に落ちていたものは子供の手押しぐるま。
    ⇒これは確かに気持ち悪いね。まー、やけに新しく、いかにもって感じで道のど真ん中に放置しているのはいかがかと思うが。
    ここまでで一旦撤収。
    取材車に戻り、噂の電話ボックスの前で定点カメラを設置して午前2時を待つ。
    気付くといつの間にか南さんが居なくなっている。定点カメラを確認すると、ふらふらと何処かへあるいてゆく南さんの姿が。スタッフは樹海の中を探す。
    途中、風穴発見。入り口に南さんのキャップが落ちている。風穴内を探索すると南さんが気絶していた⇒救出⇒取材中止。
    後ほど、南さんのハンディカメラをチェックすると、まるで誰かと話しているような独り言を話す南さんの姿。また定点カメラには、取材車から出てゆく南さんの姿と共に、電話ボックスに子供の姿が浮かび上がる。
  2. File2:奥多摩廃墟探訪
    女性レポーターは韓国人タレントのイ・アルムさん。
    夜。最初に向かった廃墟は立ち入り禁止。さらに奥の社宅廃墟へ向かう。到着。
    社宅内を順番に入ってゆく。探索していると、イさんの携帯に電話がかかってくる。(撮影しているにもかかわらず)普通に電話に出る彼女。葦戸氏「電話すんなよ」。
    ⇒ごもっとも(笑)
    ⇒しかしなんだ。なんかここらへんから変な方向に進み出すな。それまでも観ていて「チョット違うな」と感じる場面があったのだが、本格的に心霊とズレてくる感じ。
    メインの自殺のあった部屋到着。イさん単独潜入。
    ⇒彼女度胸あるね。
    しばらくして彼女が部屋から出てくるが、そのまま取材車まで逃走。スタッフが追いかけてゆくと、彼女の手にはカセットテープ。どうやら持ち出してきてしまったようだ。葦戸氏が一人で返してこいと指示。キレてテープを投げつけるイさん⇒取材中止。
    イさんが撮影した室内の映像。ラップ音が入り、慌てて部屋から脱出する彼女。また持ち出したカセットテープには意味不明な音声が混入。
  3. File3:K湖畔探訪
    オカルトタレント:愛葉るびさんが、スタッフルームに押し掛け心霊スポットに連れてゆけと要求する。スタッフはなんとか断ろうとするが彼女の押しに負け、また、最終的にプロデューサーのおkをもらって行くことに。
    ⇒愛葉るびさん。どっかで聞いたことあるなぁ。たぶん稲淳の恐怖の現場に出ていたような気がする。
    場所は埼玉県K湖。まあ神流(カンナ)湖ですね。金毘羅橋(作中は赤い橋と表現)や荒井さん宅(作中はAさんと表現)も出てくるし。
    夜。神流湖到着。まずはトンネル。
    ⇒このトンネルは初見だ。
    次に金毘羅橋。
    最後は荒井さん家。その場から何かを持ち帰ると、後日「返せ」と電話が来る噂がある。1960年代の新聞発見。妙に新しい新聞。愛葉さんお持ち帰り。
    ⇒どう見ても50年前の新聞じゃないだろうw
    床(地中?)から木箱発見。臍の緒のようだ。これも愛葉さんお持ち帰り。
    ⇒なにか異変があったら報告するそうだ。
    他に特段異常はないまま撤収。最後に愛葉が撮影した写真を紹介。顔のようなモノが映っている。
    ⇒そうみえなくもない。

【感想】

前半2作はスタッフ主導。つか嫌がる女性レポーターを半ば無理やり連れてゆく。実際の撮影現場って判らないのだけど、仕事とはいえディレクター横柄な態度が鼻につく。
しかし後半は真逆。女性レポーターがイケイケで、渋る(嫌がる)スタッフに構わず突っ走る。前半の攻守が逆転している感じだ。
そういったスタッフの態度のギャップが見所の一つなんだろう。思いかえすと葦戸氏は結構適役かと思った。暗視カメラの映像では氏の姿が心霊っぽく見えたw

また全体的に作った感が目につく。樹海内の落とし物や廃墟の残留品が真新しかったり。(バレバレなコトを)判ってやっているとしか思えない。反面、人形とか玩具とかテープとか臍の緒等の小ネタは別として、映像そのものはガチなんだろうと思った。特にFile3はね。

踏まえて俯瞰すると「笑える心霊DVD」としか思えないのだがw
そう観た方が楽しめる作品だった。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

放送禁止 2 ある呪われた大家族

201110_housoukinsi2

放送禁止2 ある呪われた大家族 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2003年(日)
監督:長江俊和
収録時間:47分

カテゴリ:ホラー/フィクション

【総括】

シリーズ2作目。フェイクドキュメント作品。
TV番組用に大家族の生活を追った作品だったのだが、収録中にある事件が起きてお蔵入りとなったビデオを再編集した、としている。

冒頭のテロップで「細部まで目を凝らして観るように」と促される。
「おk」w
ということで目を凝らすように観ていたのだが、どうやらそんなに神経質にならなくてもよかったみたい。

あまりTVで「大家族」モノは観ないのだが、そういった番組特有の雰囲気で始まる。ナレーションもほのぼのとした音声でまたーりとした空気を助長する。でもやっていることはエグイ、みたいなギャップは楽しめるかもしれない。ホラーもグロもほぼ皆無。ド派手な演出こそ無いが微妙な寒気が残り結構好きなタイプだ。

【ストーリー】

8人家族の浦家をルポルタージュする番組映像。父を中心に貧しくとも和やかな家族。そんな家族にゆっくりと災いが降りかかってゆく。

※「続き」にネタばれ

【感想】

『他人(ヒト)の不幸は蜜の味』といった感覚なんだろうか?
大した盛り上がりもなく淡々と話が進んでゆくのだが結構見入ってしまった。まあ中ほどあたりでオチの予想がついてしまったのは残念かな。また、せっかくオカルトを盛り込んでいるのに効果的に使えていない感じ。まあこれは時間(放送枠)の都合なのかもしれない。
サブタイの「呪われた」も微妙か。観終わってみると、ある意味「呪い」や「呪縛」とも取れる。が、ストレートな「呪い」ではなかった。

あとお父さん役が大地康雄さんみたいだった。

【評価】

総合評価:★★★☆☆(3.0)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★★☆☆☆
  • グロ度:☆☆☆☆☆
  • サイコ度:★★☆☆☆
  • ミステリー度:☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:☆☆☆☆☆
  • アクション度:☆☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

続きを読む

トラウマQ かなりヤバイ家

201110_tq2

トラウマQ かなりヤバイ家 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
監督:長江俊和
収録時間:44分

カテゴリ:ホラー

【総括】

シリーズ2作目。フェイクドキュメント作品。
1作目の出来から若干の不安を覚えつつも視聴。

結果、前作より面白かった。

フェイクを含めた心霊ドキュメントものに良くあることだが、カメラの隅にチラつく異常現象も効果的だ。そして自然と探してしまう自分に気付く。
サブタイの「かなりヤバイ家」。視聴後に改めて思い返すと意味深だと思う。家系ホラーかと思うとそうでもない。どこまでが心霊で、どこまでがリアルなのか。曖昧な部分を曖昧にしていることが逆に面白くしているのだと感じた。ストーリーがつまらないと曖昧さが鼻につく(重箱の隅をつつきたくなるような感覚)ことがあるのだが、本作は短時間であることも手伝ってサクッと観ることが出来た。

【ストーリー】

霊能力者:木刀五樹(キトウイツキ)が、怪異に悩まされているという篠井家を訪れる。そこでカメラが捕えた異常現象とは。そして。。。

※「続き」にネタばれ

【感想】

いたるところに小ネタが仕込んであり油断が出来ない(笑)。細かいので見落としてしまいがちだが、後ほど振り返ってくれるので安心して(?)観ていられる。ラストも捻りが効いていて、「そうくるかぁ」といった感じ。悪くない。何よりテンポが良いので集中して観ることが出来る作品だった。

次作もあるようだし観ることでしょう。

【評価】

総合評価:★★★☆☆(3.5)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★★★☆☆
  • グロ度:★☆☆☆☆
  • サイコ度:★★☆☆☆
  • ミステリー度:★☆☆☆☆
  • サスペンス度:☆☆☆☆☆
  • アクション度:☆☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

続きを読む

学校の怪談 めちゃ怖 「呪われた心霊フィルム」驚愕のドキュメント

201110_mecha1
めちゃ怖 [DVD] (「呪われた心霊フィルム」驚愕のドキュメント)
クチコミを見る

制作年:2009年(日)
制作:那須千里
監督:山下敦弘
収録時間:70分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)

【総括】

笑える心霊DVDと聞きまして(笑)

正直、『ほんとにあった!怖い心霊スポット』シリーズのようなおバカな笑いを期待(制作も那須さんだし)していたのだが、あっさりとそれは肩透かしをくらった感じ。シニカルな笑い要素はあるとは思うが、大笑いするような展開では無かった。

内容は、前半を「会談」、中盤にメインの「ドキュメント」、後半で「怪談語り」&「投稿映像」というごちゃ混ぜ形式。メインは一応ドキュメント形式だが、やっぱりフェイクですよね。悩ましいところだが、前半とラストの映像もあってblogカテゴリはドキュメント扱いにしよう。

サブタイで「呪われた心霊フィルム」と掲げられているが、どちらかというと他のパートの方が面白かった。前半の怪談談義では「心霊」や「恐怖」に対するいろいろな考え方が聞けて興味深い。また小池氏による「心霊写真」に纏わる話しも、淡々と語る氏の口調にも慣れ(?)面白かった。ラストには住倉氏の元に寄せられた投稿映像。作ったのかどうかは別としてかなり気持ち悪い(寒気がするという意味で)作品が寄せられていた。

以下、ネタばれ進行だす。

【各話紹介】

  1. 心霊会議(約10分)
    山下敦弘氏(本作監督)、森達也氏(映画監督)、住倉カオス氏、小池壮彦氏による心霊討論(作中紹介順)。恐怖とはなにか、幽霊の存在は、といった心霊に対する想いをマジメに語り合う。
  2. 呪われた心霊フィルム(約45分)
    超常現象噂調査隊(SUPERNATURAL RUMOR INVESTIGATORS:略してSRI)なる組織が、心霊に関する噂の検証をする。隊長は山下氏、隊員は野嵜好美さん、という2人だけの構成。
    本作では隊長の母校にあると噂される、心霊現象を納めたフィルムを調査する。噂とは大学の7号館の屋上で3:23に「誘蛾灯(ユウガトウ)」と唱えながらカメラを回すと何かが起こるというもの。過去にその事象を納めたとされるフィルムを探す。
    母校でのインタビューやサークル取材を進めてゆくと、噂のフィルムとは別に「カイワレ」さんと呼ばれるOBの存在が明らかになる。カイワレさんの元を訪れる調査隊は、彼の案内で過去に女優が自殺を図ったとされる「白い」場所に辿りつく。その場で再現開始。「誘蛾灯」と唱える野嵜さんを暗視カメラが映すと、顔(?)のような光が、フィルムのコマに割り込む。
    ⇒実は初見で寝落ちしてしまった。
  3. 「心霊写真」を語る小池氏(約17分)
    小池氏による怪談。
    ある運動会のリレー風景を父兄が映した写真。走者は5人のはずなのに、6人目の女の子が映っている。写した当人も少女が生徒も誰だか判らない。しかし当時の父兄は「6人いたよね」と証言もしていた。
    古い先生の話で、昔、足の速い女の子が運動会の前日に火事で亡くなったことが判る。そして当の写真の存在を確認したところ、撮影した父兄は火事(不審火)で亡くなっていた。延焼した状況は不思議なことに、当の写真をしまっていたとされる本棚だけが焼けていたというもの。
    ⇒面白い。一枚の不思議な写真を掘り下げてゆくと、その周りで不可解なことが起きている。問題の写真が無いのは残念か。
  4. 投稿映像
    住倉カオス氏の元に寄せられた投稿映像から3本紹介。
    ≪ ホームビデオ ≫
    25年前の映像。1歳の長女を映す。長女の顔に黒い影が映る。
    ⇒何度か繰り返しても判らず。
    ⇒これ良く見つけたなぁ。スロー再生でフォーカスされて判った感じ。
    ≪仏壇≫
    仏壇のお供え物が時々無くなることがある。ということで寝る前に仏壇をビデオで撮影したもの。観音開きの扉の影から覗く人の姿。
    ⇒うわっ。気持ち悪っ。仏壇の前の黒い影が気になって初見で気付かず。フォーカスされて判ったのだが気持ち悪い映像。
    ⇒そも映像そのものが不気味。壁に掛けられた遺影が白く光っているようで気になった。
    ≪ドライブ≫
    深夜のドライブ。道路上に暗闇ヘッドライトに浮かぶ白い何か。不審に思い車を降りて近づく。それは白いドレスを着た女だった。女はゆっくりと近づいてきて。
    ⇒ドッキリものですね。不覚にもドッキリしてしまいましたがw

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む

放送禁止検証動画FILE Vol.12 完結編 恐怖の現場、その裏側に隠されていた本当の話とは…

201110_kinsidouga12

放送禁止検証動画FILE Vol.12 完結編 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
収録時間:60分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)

【総括】

シリーズ12作目にして完結編&総集編。
ついに終わってしまうようです。最初の頃の印象と逆転して、最もリリースを期待していたシリーズなので非常に残念。ガチ映像のみを提供するポリシーと、健気に突撃する足立かりんさんのレポートがツボだった作品。前作Vol.11に続いて総集編なので実質Vol.10でお終いということか。まあDVD-BOX(放送禁止検証動画FILE 完全版 10枚組BOX [DVD])リリースも控え、終わりそうな予感はしていたが。

早速内容ですが、まんま総集編ですw

未公開オフショット映像もチョットだけありますが、大勢に影響のない範囲。従ってvol.10まで視聴済みの方は、あえて観るまでもないかと。個人的にはもう少し進展やら未公開映像やらを期待したのですがorz

全12巻を振り返ると、やっぱりVol.1の紙垂(シデ)が印象に残っているかなあ。あれは不思議だった。あとはVol.7の「忘れられた場所」の俯き加減な男かな。こちらも総集編に収録されてもいいと思うのに入っていない。なにかの意図が働いているのだろうか。
あと足立かりんさんの起用はヒットだったか。嫌みを感じさせないキャラは好感度高かったです。それと忘れてはいけないのがディレクター氏。彼の「現場は頑張っているんだぞ」みたいなコメントは観ていて笑える、気持ちよかったです。

以下に各チャプターを紹介。ただし、ほぼ映像をそのまま流用しているだけなので1行コメントのみとさせてもらいまつ。手抜きですみません。※タイトルに過去ログへのリンクを貼ってあります。

【各話紹介】

冒頭を除きチャプター間に心霊写真を紹介しているがここでは割愛。未確認だがどこかで観たことのあるような写真ばかりなので既出だと思います。

  1. [初出?]撮影中の不思議な写真
    撮影現場のスチール写真を6枚紹介。
  2. [Vol.7]戦慄のCハウス
    レポーターの小林さん(♀)とスタッフのロケ後オフショット映像で感想を言っている。
    [Vol.10]でも再検証している。
  3. [Vol.8]関東最凶の吊橋
    自殺の名所でコックリさんをしてみた。
  4. [Vol.9]泣く子も黙る最凶の心霊トンネル
    石川県、Uトンネル。
    ⇒このシリーズって北陸方面が多かったような気がする。なにか事務所やスタッフに関係あるのだろうか。
  5. [Vol.10]蔵出しロケハン心霊スポット
    ロケハン映像。地中に落ちる黒い影。
    ⇒これ結構好き。
  6. [Vol.10]バブル期リゾート開発の成れの果て
    廃ホテルでこっくりさん。
    [Vol.7]で反響があり再度訪れた場所。

【シリーズまとめ】

当シリーズで個人的に「怖い」「不思議」「不気味」と感じられたシーンのまとめ。

  • [vol.1]ひたすら舞い続ける紙垂(シデ)
  • [vol.2]朽ち果てた廃病院ロケハン
  • [vol.5]白い壁に浮かぶ人影
  • [vol.5]廃病院の声
  • [vol.7]Cハウスの声
  • [vol.7]廃墟の男
  • [vol.8]こっくりさんで映った顔
  • [vol.10]地中に落ちる人影
  • [vol.10]壁に浮かび上がる顔

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

プロフィール

○○○○していって...

Amazonライブリンク
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ