○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

2011年07月

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

ナインス・ゲート デラックス版

201107_9gate
ナインスゲート デラックス版 [DVD]
クチコミを見る

制作年:1999年(米)
原題:The Ninth Gate
原作:アルトゥーロ・ペレス・ポランスキー
脚本:アンリック・ユルビズー
監督、制作:ロマン・ポランスキー
音楽:ヴォイチェック・キラール
収録時間:133分

カテゴリ:ホラー/サスペンス

【キャスト】

  • ジョニー・デップ
  • フランク・ランジェラ
  • レナ・オリン

【総括】

監督はローズマリーの赤ちゃんのロマン・ポランスキー。ジョニーデップを主演に配した10年以上前の作品。ポランスキー監督の手によるローズマリー同様の悪魔系オカルトホラー作品として期待していたのだが、2時間超の作品のためしばらく放置していた。

観終わってみると、なんか「普通」だった。

全体的に直接的な表現が無く、また、映像・音楽が陰鬱なストーリーを冗長している。ここら辺はポランスキー映画だなぁと感じたのだが、ラストに進むにつれ怖さの密度が薄くなってきているように思える。なんか話を急ぎ過ぎているような感じ?
ホラーカテゴリなのだが、サスペンス色が濃く出た作品だと感じた。

まあジョニー・デップは終始カッコ良かったです。何をやらせてもサマになる役者さんだなぁ。

【ストーリー】

古書籍商(?)のコルソは、悪魔系の古書をコレクションしているバルカンから悪魔召還の書「ナインスゲート」の蒐集を依頼される。「ナインス・ゲート」は世界に3冊しかなく、1冊はバルカンの手元にある。残る2冊の真贋鑑定を含め、コルソはヨーロッパに向かうが、行く先々で持ち主が不審な死をとげる。やがてコルソ自身も襲われるようになるのだが...

※「続き」はネタばれです

【所感】

冒頭はいい感じでスタート。映像と音楽で引き込まれて行く。派手さは無いが背中からじわじわと追い詰められるような恐怖。
と。僕好みの怖さを纏っていたのだが、終盤にかけて徐々に恐怖が薄らいでゆく。

なんでだろう?

一つ思い当たるのは、物語が「悪魔」そのものによる恐怖から、「悪魔崇拝する人々」の企みにシフトしていったように感じたためだろう。理不尽な邪悪さから理解できる悪意へ。これが興味を削いだ一つの要因と思う。
もう一つはコルソ(ジョニー・デップ)が追い詰められているはずなのに、今一つ焦燥感が感じられなかった演出にあると思う。コルソに付きまとう「謎の女」もアクセントになるはずなのだが、イマイチ煮え切らないというか。

期待しすぎだったのかもしれない。

【評価】

総合評価:★★★☆☆(3.0)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★★☆☆☆
  • グロ度:★☆☆☆☆
  • サイコ度:★☆☆☆☆
  • ミステリー度:★★★☆☆
  • サスペンス度:★★★★☆
  • アクション度:★☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む

ブラッド ムーン ライジング

201107_bmr
ブラッド ムーン ライジング [DVD]
クチコミを見る

制作年:2009年(米)
原題:BLOOD MOON RISING
脚本:レニー・ラブ、ブライアン・スカバ
監督:ブライアン・スカバ
収録時間:82分

カテゴリ:ホラー/コメディ

【キャスト】

  • アーロン・ネイル・トラスト
  • ロン・ジェシー
  • ケイト・ウェルボーン
  • ダナビ・ジョイ
  • デビッド・ヘイズ
  • レニー・ラブ

【総括】

洋画4連発になってしまいました。さしたる理由はないのですが、しいて挙げると興味をそそられる邦画ドキュメント系ホラーが見当たらないので(十分理由になってるな)。

でもって本作。ハッキリ言ってネタとして視聴した(あとジャケ写が好みだったこともある)。

だってレンタルサイトの吊り書きが、

>突如現れたヴァンパイアやゾンビ、狼男、悪魔と戦う羽目になった人間たちの冒険を描いたホラー。悪魔の娘・ルーシーはサムに惚れていたが、彼にはレイチェルという恋人がいた。それを知り怒り狂ったルーシーはゾンビや狼男、悪魔を引き連れて来て…。

ですって。奥さん聞いた?w

吸血鬼、ゾンビ、狼男、悪魔って。節操が無いね。果たしてB級なのか。それともC級、D級?もう既にコメディとして観る準備万端www

前書きが長くなりました。収録時間も短めなのでサクッと観てみると。。。

C級なんですかね.....
コメディが前面に押し出され、シリアスなバックボーンとのギャップを意識しているように感じた。一応ヴァンパイアもゾンビもオオカミ人間も悪魔も出てくる。殺傷シーン(人間問わず)はチョットだけグロイので注意といったところ。

時間つぶしとして観たが、(やっぱり)時間の無駄遣いとなってしまったorz

【ストーリー】

ほぼレンタルサイトの吊り書き通り。
ただ悪魔の娘ルーシーはサムに惚れていたのではない(サムのキャラ設定は全く別)。

悪魔の軍団wを率いて地獄から地上に降り立つ準備をする悪魔とその娘ルーシー。ルーシーはジェイコブ(たぶん)と夫婦だった。ルーシーは「地獄の門」を開くための「本」を書いていたが、ジェイコブが牧師の娘レイチェルに惚れてしまったため、怒ったルーシーは書きかけの「本」を中断、封印し、ジェイコブとレイチェルに呪いをかけ、ルーシー自身は射殺されてしまう。呪いによりジェイコブはヴァンパイア、レイチェルはオオカミ人間となり、レイチェルに噛まれた人間はゾンビになる。
オオカミ人間となったレイチェルの血が地上に滴る(「死」という表現では無い)と、ルーシーが復活して再び地獄の門を開くべく殺戮を開始するが、その前に立ちふさがったのは孫のセイディと妄想癖のあるダリルだった。

ラストだけ「続き」にネタばれしておきます。一応「それ」まで出すの?といった驚き(ではなく呆れ)があったので。その他は書く気になれませんでした。

【所感】

あまりありません。

まあ気になったのは映像がチープ。コメディ要素が強いのでワザとチープにしているとも取れるが、終盤に進むにつれ特撮クオリティが低下。それに伴い制作側の笑わそうとしている意思(映像)が鼻についてシラける感じ。いくつか苦笑するシーンはあるものの、コメディとしてもつまらなく感じた。

設定自体は悪くないと思う。もっとコメディ演出を抑え、シリアスなストーリー展開だったらよかったのかもしれない。
まあ二度と観ないと思います。

【評価】

総合評価:☆☆☆☆☆(0.5)

  • 面白さ:★☆☆☆☆
  • ホラー度:★★☆☆☆
  • グロ度:★★★☆☆
  • サイコ度:★☆☆☆☆
  • ミステリー度:☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:☆☆☆☆☆
  • アクション度:★☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

デスドール

201107_dethdool
デスドール [DVD]
クチコミを見る

制作年:2010年(オーストラリア)
原題:Needle
脚本:ジョン・V・ソト、アンソニー・イーガン
監督:ジョン・V・ソト
収録時間:89分

カテゴリ:ホラー

【キャスト】

  • マイケル・ドーマン
  • トリルビー・グローヴァー
  • タヒーナ・トッツィ
  • ジェシカ・マライス
  • トラヴィス・フィメル
  • ジョン・ジャラット

【総括】

レンタルサイトの吊り書き。
>「スクリームフェスト2010」ほか、ホラー映画祭の各賞を受賞したノンストップ・ホラー。
期待していいのか?そうなのか??
この手の釣りで失敗することも多く、過剰な期待はしないようにして観ました。あと「ブードゥー」にも釣られましたw

結果はと言うと、かなり面白く観ることが出来た。「ノンストップ・ホラー」の定義は判らないが、89分間はあっという間だった。

呪いの箱をアイテムにして次々と周りの人が死んでゆく。しかもブードゥー教。冒頭は背景描写に結構時間を要している。その分ホラーシーンは削られているように感じた。ホラーシーンはグロ映像メインなので注意。

【ストーリー】

大学生のベンは美術商の父親を亡くし、その遺産の一つとして機械仕掛けの箱を受け取る。機を同じくして疎遠だった兄マーカスがベンを訪ねてくる。それ以降、ベンの友人たちが次々と惨殺されるのであった。

「続き」はネタばれです。

【所感】

なんかデスノートを思わせるタイトルバックからスタート。
冒頭は10年前として最初(ストーリー上)の犠牲者が惨殺されるシーン。「おお。のっけから飛ばすのか」と思うが、現在に戻り学園風景が挿入されている。最初は関係ないじゃんとか思っていたが、主人公ベンの交友関係が刷り込まれ、ラストまでバックボーンとして印象に残った。

また音信不通の兄マーカスが突然姿を現し、兄弟間のわだかまりが溶けてゆく様もまずまず。難を言えば少しノリが軽いなと感じた。もっと重い空気を纏った作品との先入観ゆえの感想か?
ラストの捻りももう一つ。いや。バッドエンドじゃないんですけどね。

あと登場人物が多い。あまり名乗ってくれないし、顔つきも似ている(ように見えた)ので名前を覚えるのに一苦労。まあこれはレビューの書き手としての不満。普通に見る分には、多少名前が覚えられなくとも、主人公との交友関係が描かれているのであまりストレス無く観れるでしょう。

そうそう。邦題は「デスドール」かあ。これも少し違和感を感じるかな。ま。原題の"Needle"だと確かに判りにくいから仕方ないかな。これといって適切な邦題が思いつくわけでもないし。

【評価】

総合評価:★★★★☆(4.0)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★★★☆☆
  • グロ度:★★★★☆
  • サイコ度:★☆☆☆☆
  • ミステリー度:★★☆☆☆
  • サスペンス度:★★★☆☆
  • アクション度:★☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です

応援クリックをお願いします
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ
続きを読む

パラノーマル・アクティビティ2

201107_pa2

パラノーマル・アクティビティ2 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2010年(米)
原題:Paranormal Activity 2
制作:スティーヴン・シュナイダー、ジェイソン・ブラム
脚本:マイケル・R・ペリー
監督:トッド・ウィリアムズ
収録時間:91分

カテゴリ:ホラー

【キャスト】

  • ケイティー・フェザーストン
  • スプレイグ・グレイデン
  • ブライアン・ボーランド
  • モリー・イフラム

【総括】

パラノーマル・アクティビティの2作目。
1作目の主演:ケイティー・フェザーストンが引き続き演じる。
前作(パラノーマル・アクティビティ)との関連はあるのだろうか?
第二章と名されたTokyo Nightとの関連は?
予備知識無しで視聴しました。

で。感想はというと個人的には前作よりも面白かった。ただ前作を観た(ストーリーを把握している)ことが前提の評価なので、未見だったら怖さも多少減じたかもしれない。

ストーリーの詳細は「続き」にネタばれとして記載するが、前作から遡っての設定。従ってケイティもミカも健在。果たしてケイティがどう絡むのかは興味があったが「そうくるか」といった感じを受けた。振り返ればさほど驚くような設定では無いのだが。

前作を観た方ならご存知だと思うがスピリチュアル系ホラー。多くのホラー洋画にあるゾンビや殺人鬼などの流血要素、グロ映像は控えめ。なのでその手の映像が苦手な方も安心(?)して観られると思います。

【ストーリー】

ケイティの妹夫妻、レイ一家の話し。
妻のクリスティ(ケイティの妹)に男の子が生まれる。ある日夫妻が家に帰ると屋内が荒らされていた。夫のダニエルは空き巣と考え、セキュリティ業者により室内6か所に監視カメラを設置する。やがて一家に怪異が発生するようになり、それは次第にエスカレートしてゆくのであった。

  • ダニエル:夫
  • クリスティ:妻
  • アリ:娘(ダニエルの連れ子)
  • ハンター:息子
  • マティーン:ハンターの乳母(ネイティブアメリカン?)
  • アビー:レイ一家のペット(犬)
  • ブラッド:アリの彼氏
  • ケイティ:クリスティの姉
  • ミカ:ケイティの彼氏

【所感】

前作同様家族を襲う怪異を映像化したモノで日本人好みのホラーだと感じた。1作目はじわじわと迫ってくる怪異だったが、今作はより大胆に一家を襲う。ただ怪異そのものは特に真新しいカラクリは無かった。少し残念。

役割も前作とニアリー。怪異を訴えるクリスティ(ケイティ)に対し、否定するダニエル(ミカ)。クリスティがケイティの妹である点を考慮すれば仕方のないことか。
これも前作同様となるが、怪異が起きる際には重低音が響きだすので、怪異を確認する際には役に立つ。逆に身構えることが出来てしまうので、ビックリ・ドッキリといった効果は半減してしまうが。

物語の早くからネイティブ(マティーン)が追い出されてしまう。『スペル』などで記憶が新しいが、ネイティブの存在は心霊(幽霊)と密接に関係があるのだろうか?洋画の心霊系(実際は異なるようだが)というとネイティブが絡んでくることが多いと感じる。

「2作目は駄作」とある程度は失敗を覚悟していただけに、その分評価が高くなったのかもしれない。結果的にTokyo Nightは絡まなかったが当然か。次作も期待したいが設定として難しいかとも思う。どうかなぁ。

【評価】

総合評価:★★★★☆(4.0)

  • 面白さ:★★★★☆
  • ホラー度:★★★★☆
  • グロ度:★☆☆☆☆
  • サイコ度:★☆☆☆☆
  • ミステリー度:☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:★☆☆☆☆
  • アクション度:☆☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックをお願いします

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む

HUNGER ハンガー

201107_hunger

HUNGER [DVD]
クチコミを見る

制作年:2009年(米)
原題:HUNGER
制作:F.X.ヴィトロ、ジョン・ソーヤー
脚本:スティーヴン・ヘンチェス、L.D.ゴフィガン
監督:スティーヴン・ヘンチェス
収録時間:102分

カテゴリ:ホラー

【キャスト】

  • ロリ・ヒューリング
  • リンデン・アシュビー
  • ジョー・エジェンダー
  • レア・コール

【総括】

タイトルが面白ろそうだったので視聴。まあ釣られましたね(笑)

結果から先に書きますと、飽きるような進行では無いものの、ありふれたネタ、凡庸な展開の先にある捻りの無いラストといったネガティブな印象しか残りませんでした。

ホラー系だが「怖い」要素はほぼ無い。強いて言えば設定として状況を作りだした意図が判らない点か。後半にかけて「気持ち悪い」要素が加速する感じ。

仔細はネタばれとして「続き」に譲るが、タイトル、もしくは、設定からも推測できるように「食人」モノ。あと少しだけ「」を食べるシーンもアリ。苦手な方、またはお食事中の視聴は控えた方が良いかと思います。

【ストーリー】

何者かにより閉じ込められた、お互いがお互いを知らない5人の男女。

  • ジョーダン(♀)
  • グラント(♂)
  • アンナ(♀)
  • アレックス(♂)
  • ルーク(♂)

閉じ込められた部屋には食物は無く、ドラム缶4本分の飲用水のみ用意されている。
その様子をカメラ越しにモニタする男(クレジットでは「THE SCIENTIST」と書かれているが、ここでは「観察者」と表記)。観察者の目的が判らないまま、閉じ込められた5人の日々変わってゆく様を描いてゆく。果たして5人は無事脱出することができるのか?

【所感】

所謂極限状態に置かれた(この場合、食物が無い状態)人間がどのような行動に出るのかを大した掘り下げも無く淡々と描写した作品。閉じ込められた5人はもとより、犯人である観察者の心理描写もイマイチ。ラストも捻りも無くあっさりとお終い。また、結局5人が選ばれた理由もハッキリとしないまま終わってしまったため、物語の説得力が無い。タブーである食人を描いている点はグロいが、それだけの作品とも云える。映像もストレートに食べているシーンは無い。ここら辺は何らかの配慮の表れか?あ。あと虫を食べるシーンもね。要は「怖い」要素は少なく「気持ち悪い」要素が大半で、残念ながら再視聴はしないと思う。

【評価】

総合評価:★★☆☆☆(2.0)

  • 面白さ:★★☆☆☆
  • ホラー度:★☆☆☆☆
  • グロ度:★★★★☆
  • サイコ度:★★★☆☆
  • ミステリー度:★☆☆☆☆
  • サスペンス度:★★☆☆☆
  • アクション度:★☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックをお願いします

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む
記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

プロフィール

○○○○していって...

Amazonライブリンク
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ