○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

2011年01月

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

車を買い替えよう【その4:選択と集中】

さて。

各社さんの金額提示が完了しました。

結果(金額順)です。

  1. ショップC社:+1.0M
  2. ショップE社:+0.7M
  3. 大手A社:+0.2M
  4. 大手B社:+0.2M
  5. ディーラーX社:±0.0M
  6. 大手D社:金額出せず(脱落)
  7. 大手F社:どうしても査定させて欲しいとの連絡あり。大手なので最高値を付けていただいたショップのように期待できないが、とりあえず連絡待ち。

上位2社に交渉継続予定。

ショップC社:さらに交渉の余地あり
ショップE社:査定時にFAとの提示なので積み上げは難しいか...
期待していた大手B社だが、さらに社内検討するも金額面で折り合わず断念。

やはり大手(ディーラー含む)は相場重視で堅いです。
営業さんも買い取りたいと言っていただけるのですが、いかんせん金額でショップ提示額とのギャップは埋められません。

逆に言うと、通常ショップとのコネクションって持てないのですが、ネットを利用することで、高額で買い取っていただける業者に巡り合える可能性が広がったといえますね。

売る気が無く、単に相場が知りたいだけだと、連絡が多すぎてウザい結果になることも注意したいところです。

 

【過去ログ】

2011.01.26 車を買い替えよう【その1:査定編】
2011.01.27 車を買い替えよう【その2:続査定編】
2011.01.28 車を買い替えよう【その3:査定編完】


あと「買い替え」と記載している通り、新車につきX社と交渉中。
案の定X社の営業は、次の新車にしか興味は無いようです。
まぁ当然ですよね。ビジネスなんだし。
ただこの営業さんとは結構長く付き合わせてもらってます。
結構丁寧(態度というより資質?)に対応してくれるんで助かっていたりします。

だから「またX社の車」にしようと思うのは仕方ないことですよね。

そう思うと、ビジネスライクに物事を進めることは大切ですが、人間なんだから感情にも左右されてしまうんですね。

ま。ディーラー営業マンの思う壷なんでしょうが、それを判った上で選択しようと思います。

次回の報告は金額確定(=業者確定)時になるかと。

どこまで積み上げられるのか頑張ってみます(笑)

 

ランキングサイト登録中です。応援クリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

[Japan Rock]タイマーズ

timers0

以前のblogで「タイマーズの過去ビデオが出てきた」、「その内紹介したい」などど書きながら忘れていました。

今回はタイマーズです。

【メンバー】

  • Vo,Gr,Bh,Pc,Co)ZERRY
  • Vo,Gr,Co)TOPPI
  • B,Co)BOBBY
  • Dr,Co)PAH

ビデオは絶版となっている「不死身のタイマーズ」。
トップ画像はそのジャケ写。
ビデオは新宿公演を収録したライブ映像。

当時、彼らの渋谷公会堂ライブに行き、会場で購入したと記憶しています。渋公では2階席で遠かったので、通路に出てノリまくっていました(笑)

また地下鉄サリン事件が大々的に取り上げられていたときで、ライブパフォーマンスとして、TOPPIが鳥かごに入ったカナリヤ(*)を持ってステージに入ってきました。残念ながらビデオにはこのパフォーマンスは収録されてません。

(*)地下鉄サリン事件でオウム真理教に家宅捜索が入る際、捜査員がカナリヤを持ちこんで毒ガスが無いことを確かめた。

とにかく当時からしても、なんでもありのロックバンドです。
時事ネタやらドラッグネタやら、ジャパンロックを憂いたアナーキーぶりです。

リーダーのZERRYは故忌野清志郎(にそっくりな人)。
本人は「RCサクセションみたいなチャラいバンドと一緒にされるのは不愉快だ」とのこと。

 

ビデオの冒頭は浪曲です。たしか「清水の次郎長」。
"たびぃゆけぇばぁー...."

メンバーがステージに上がってきたところでTOPPIが盛り上げます。
オープニングMCを抜粋

うらぁーうらぁー新宿
>間違った情報に、踊らされてんじゃねーぞコラァ
>中途半端盛り上がんじゃねーぞゴルァ
盛り上がる時は盛り上がれチクショー
久しぶりだなぁ
>みんなで、タイマーズを呼ぼっしゃおらぁ
復活だぁ復っ活ざまぁみやがれ
>復っ活っザ・タイマーズ(~TIMERSのテーマ)

いやでも盛り上がりますってばよっ

収録曲です(曲名は記憶を頼りに)。

  1. TIMERSのテーマ
    ⇒TIMERS→タイマーズ→大麻ーズ
  2. 偽善者
  3. ロックン仁義
  4. あこがれの北朝鮮
  5. 覚醒剤音頭
    覚醒剤撲滅の歌です
  6. トルエン
    ⇒「シンナー」とも言います。
  7. 宗教ロック
  8. おまえの股ぐら
    やりてぇやりてぇやりてぇ
  9. イモ
    ⇒「イモ」は確か「マリワナ」の隠語だったと思われ
  10. TIMERSのテーマ(エンディング)
  11. まわりは罠
    ⇒「マリワナ」との洒落
  12. トカレフ
    ⇒これも当時の時事ネタ。精神病患者が彼の担当医を朝のラッシュ時の改札口で射殺した事件。
  13. 不死身のタイマーズ
    ⇒アンコールに続く。全編30分くらいか。

timers1

timers2

timers3

※画像はビデオをキャプチャしたものです。

途中ZERRYのMCもぶっ飛んでます
いくつか紹介。


  • くしょーち
    こま
    んこお
    っこう
    んこば
    かやろー
  • (観客の声援に向かって)うるせー
  • (観客の女性に向かって)股見せろよ
  • (その隣の女性に向かって)オマエはいいや。臭そうだから。

気持ちよいくらいやりたい放題です。
いや。実際気持ちいいです。
スカッとします。

つべに「FM東京その後」として載っていたのですが、富士急ハイランドで行われたアンルイスのライブに彼らが乱入したときからだそうです。

今考えても、こんなライブパフォーマンスができるのは「忌野清志郎」と「泉谷しげる」くらいかと思います。

全く持っておしい方を亡くしました。合掌。

 

ランキングサイトに登録しています。応援クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

お終いはつべから。
有名な「FM東京」です。
リアルタイムで彼らと一緒の時間を過ごしながら、この番組はリアルタイムで観ることができませんでした。残念でなりません
「FM東京」は、彼らの曲を理由もないままに放送禁止としたFM東京ネットワークに対し、彼らが怒りをぶつけたロックです。
ちなみに「FM東京」はアルバムに収録されていません。

番組リハではテロップされている「偽善者」という曲を歌うはずが、いざ本番になって勝手に「FM東京」に差し替えて歌いきってしまってます。
放送コードが思いっきり歌われているのですが、番組が生放送であったためピー音なくお茶の間に流れてしまいました。

転載はピー音付です。画像が良いもので(笑)
ピー音無しバージョンもつべにありますので、「FM東京」で探してみてください。

放送禁止動画FILE Vol.3 深夜の廃トンネルで何が起こったのか…

kinsidougafile3

放送禁止動画FILE Vol.3 TVでは絶対に放送できない衝撃の禁じ手映像!! [DVD]
クチコミを見る

vol.3でますた( ´∀`)つ

vol.1vol.2と悲惨だったので、今度こそはと意気込んでvol.3視聴です。
はたしてらぶちゃんはでているのでしょうか?

例によってレンタルサイトのコメントです。

>取材班が突撃取材を試みた心霊スポットレポートや、謎の投稿映像・心霊動画を収録したシリーズ第3弾。今回は、TV制作会社から入手した心霊スポットのロケハン映像を検証する。そこに映っていたのは、想像を遥かに上回る驚愕の真実であった。

.............いや。
内容と合っていないようなコメントですね。

 

はじめに残念なお知らせです。

早乙女らぶさんは出演されてませんでした。

ある意味自分の中ではらぶちゃんが出ていることが既定の事実であることに気付いてビックリ。

 

今回は「突撃レポーター」として二人の女性が出演してます。

鈴木彩さんと足立かりんさんです。
すみませんが両名とも僕は知りません。

でもって二人の女性レポーターが、心霊スポットを巡りきゃぁきゃぁ言っている内容です。

作品自体はとっても残念な内容です。

 

当初のコンセプトである「制作会社のお蔵入りビデオ」では無いようで、当作品用に撮りおろされているように思います。

映像自体に不可思議なもの怖いものが映り込んでいるわけではないです。単に「心霊スポットに行ってきた」との内容ですので、これから観てみようと思う方は注意してくださいね。

 

 

では内容です。ネタばれ進行なので注意してください。

 

【東京H城跡地】

超有名なスポットですね。H城って伏せている意味が判りません。
八王子城跡地です。
レポーターのお二人が訪れたのは日中帯です。
空模様も快晴でピクニック画像です。
全く、一片たりとも怖くないです。

ここを収録した目的は、城内の門くぐり、振り向いた女性は祟られるとの噂を実践させるためだけだそうです。

カメラマンがレポーターの二人に何度も振り返らせますw

その後レポーターに「今回は実際に祟られるかを試すためにここに来た」とカメラマン(ディレクター???)が話し、きゃぁきゃぁする二人の女性。
かりんちゃんは「3度も振り返っちゃったんですけどwww」と訴えます。

それだけです。

 

【廃トンネルpart1】

場所は判りませんでした。
曰くつきのトンネルに足立かりんちゃんが挑みます。
まぁ昼間なんですけどね。

かんりんちゃん一人でカメラを持ってトンネルに入ります。
昼ですが画像が結構暗くて不気味さはあります。
なんとか出口まで辿りつきます。

あとから追ってきたスタッフが、カメラが壊れたと言います。
直前まで写された画像も消し飛んだそうです。

なこともあり、かりんちゃんteke2です。
再びトンネルを一人で戻りますが、入口付近の花束を蹴飛ばしてビックリしてしまいます。
来るときには路面に落ちていた花束に気付かなかったようです。

以上です。日中帯であることもあり、怖そうな雰囲気も伝わってきませんでした(本人は結構怖そうにしていますが)。

 

【廃駅(ロープウェイ)】

今は使われていないロープウェイの駅舎です。場所不明です。
日没間際で、すこし薄暗くなった頃です。

駅舎の中を二人+カメラマンで探索。
と、ある部屋だけ異常な空気に包まれていたようです。
曰く「空気が違う」とのこと。

当然観ているこちらには判りません。
映像にも変なものは映っていません。

収録後、気になったカメラマンが単独で再度その部屋に行きます。
すでに日は沈んでます。
やっぱりその部屋だけ空気が違う、寒い(温度の寒さではなく背筋を這い上がる寒気)とのコメントを残します。
暗くなったことで、不気味さは増しています。
が、やっぱり変なものはありません。

※ここら辺で気付いたのですが、このカメラマンの方。vol.2で廃病院をロケハンした方ではないかと思います。相変わらず根性あります

 

【おいらんぶち】

女性が祟られるとの噂のあるスポット。
ホントに今回の企画は、二人のレポーターをなんとか祟らせたいようです。

時間は既に夜となってます。
二人のレポーターが淵の傍まで行きますが、なんともありません。
戻ってきて「おいらんぶち」のいわくが書かれている看板を声を出して読み上げます。

読み終わった後にスタッフが、噂では「声を出して読むと祟られる」と伝えられてトーンダウンする二人のレポーター。

その噂を知って再度おいらんぶちに行きます。
同じ暗闇なのに、怖さのレベルが数段アップしたようです。
.....気持ちは判ります。

 

【廃トンネルpart2】

廃トンネルを訪れた際、花束を蹴ってしまったかりんちゃん。
どうしても蹴った事実が彼女の心残りだったようで、一連の撮影が終わった深夜に再度花束を持って訪れます。

さすがに深夜(午前1時ころとのこと)一人で向かわせるわけにもいかず、カメラマンと一緒にトンネルに入ります。

トンネルの出口までカメラマンと共に怖さをこらえながら行きます。
その場所。路面に落ちていた花束。

 

...........ありません..........

 

よく見るとトンネルの出口わきにキチンと花が立てられていました。
カメラマンも絶句します。
花束と共に路上に盛り塩もあったようですが、こちらも蹴飛ばされています。

どうも深夜ということもあり、レポーターの安全確保も必要であったため、撮影20分くらい前にスタッフがロケハンしていて、花束が路上にあったこと、盛り塩がキチンと路上に盛られていたことが確認されていたようです。(残念ながらロケハンの映像はありません。)

深夜です。しかも今はほとんど使われていないトンネルです。
確かに20分間に誰かが来て、花をキチンと立て、盛り塩を蹴散らかすことは否定できません。

でもナゼ?が残ります。
「花束をキチンと立てること」と「盛り塩をけ散らかすこと」。
相反する行動です。

早々に花束を供えて、プロデューサーからの指示であるポラロイドを数枚撮影し、足早にトンネルから戻る二人。

ポラには何も映っていませんでした。
これは「ガチ」とのテロップが流れます。

僕にはこのポラロイドの音が非常に不気味に感じました。
フィルムを巻き上げる「ヴィーン」って音です。

 

といった感じです。

普通に怖くないです。
このシリーズは怖い映像を期待してはいけないのだと思います。
怖い映像ではなく、怖い所に行った映像です。
でもってエンドテロップで、投稿されてきた心霊写真をちょこっと使ってお茶を濁しているように感じてなりません。

 

評価は★☆☆☆☆

仕方ないですよね。怖くないんだし。

 

しかーし。

僕的に今回の収穫は足立かりんちゃんです。
彼女のキャラ、嫌いじゃありません。結構いい味出しています。
怖さはありませんでしたが、彼女のリアクションで笑える要素は結構あります。

 

vol.4も出るようです。
一応借りるつもりです。

 

以上です。

ランキングサイトに登録しています。応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

車を買い替えよう【その3:査定編完】

昨日に続いて車の査定状況です。

今日でひとまず査定は完了しますた。
あとは週末にかけて各社さんの回答待ちとなります。
最終的に査定を受けたのは、ディーラー含めて6社。
B社とC社に期待したいところ。
E社は即答してくれたが、増額交渉は難しそうな印象を持った。

 

【過去ログ】

2011.01.26 車を買い替えよう【その1:査定編】
2011.01.27 車を買い替えよう【その2:続査定編】

【査定状況】

  • 大手A社:1/26査定済み(出張査定)、1/27金額提示(+0.2M)
    ⇒気概(8)、予想以上に低査定
  • 大手B社:1/26査定済み(持込査定)、1/29一次回答待ち
    ⇒気概(10)
  • ショップC社:1/27査定済み(出張査定)、1/29一次回答待ち
    ⇒気概(8)
  • 大手D社:1/27査定済み(持込査定)、1/30一次回答待ち
    ⇒気概(2)、担当者の買い取る気があるとは思えず
  • ショップE社:1/28査定済み(出張査定⇒金額提示)
    ⇒気概(5)、その場で金額提示(+0.7M)

  • 大手F社:未定⇒連絡してこないのでもう知らん
  • メーカーディーラーX社:1/26査定済み、1/27金額提示
    査定金額基準±0
A~F社は中古車ディーラー、X社は自動車ディーラー(メーカー)
こちらからA~F社それぞれの査定金額は伝えない。
こちらの希望額は伝え、メーカーディーラーの下取り査定額は必要に応じ伝える。

本日の成果

  1. ショップE社(査定⇒金額提示)
    希望額には程遠いが、概ね予想範囲の金額を提示頂く。
    なによりその場で金額提示は好印象。現状では最高金額。
    ただ出張してきた割には、あまり買い取る気がなさそうな対応と感じた。

 

今回(前回もだが)の査定に当たって、査定担当者との会話から、売り手として気をつけておくべきことをまとめておきます。
昨日blogから若干表現を変えた部分があります。

【査定のポイント】

  1. 可能な限り洗車(室内も)して査定に臨む
    綺麗にしておく⇒大切に扱っている⇒買手も気合い入れて査定
  2. 禁煙車
    僕は喫煙者ですが車内禁煙としてます。喫煙との差額がどれくらいになるのか?今度訊いてみようと思います。
  3. 純正品(オプション)は査定に強い
    後付けでオーディオやホイール、マフラー等、気合いを入れて取りつけ、「さぁスゴイから高く買ってね」は無い。良くてゼロ査定。
    地味であっても純正なら値段がつく。
    理由は業者が買い取った後に、中古車として売る相手が判らないから。特に後付けのオプションは、当人の趣味・嗜好に強く影響されるため、次の購入者が歓ぶとは限らない。
    結果、地味でも機能が劣っても純正パーツであれば、次の購入者に対して「メーカー物ですから」で終わることができる。
    なお新車購入時のメーカーオプションとディーラーオプションはオッケー。査定ではプラスポイントに働く。
    逆に言うと、下取りまで意識した新車購入を検討するのであれば、可能な限りメーカー、ディーラーオプションで自分の希望とするアレンジを目指すこと。どうしても後付けで純正品を交換する必要があるのであれば、交換後の純正品は保管しておくこと。
    ちなみに僕の車は純正オプしかないので査定アップされました。
  4. オプションの中でもサンルーフ(ムーンルーフ)は高査定
    これは個人的に感じたこと。
    サンルーフ系は新車購入時に付けて置いて損は無い。勿論下取り価格の話。少なくともサンルーフ車は車両剛性が劣化する。下取りと使用時の安全性のトレードオフ。
    中古車屋さん巡っていても、サンルーフがある方を選びませんか?
  5. キズは直さない方がベター
    「査定するから」との理由による修理は、結果的に損をするケースが多い。つまり修理費>査定差額の関係。
    特にチッピングなんて日常的に使っていれば出来るキズ。わざわざ直さなくとも、中古車を探している人の大半は理解しているし、販売営業も「中古なんだからこれくらい付きますよ」と説明する(B社営業マンが言っていた)。
    またまたちなみに以前紹介した僕の車のキズ
    そのまま出しますた。
    査定時にわざと「直したら査定上がるの」と訊いたりするが、各社同様に「あの程度ならあんまり変わりませんね」との回答。余計な手間と金がかかるだけと言われる。
  6. 修理歴は正直に
    事故などで修理した場合、正直に伝える。
    隠しても見れば判ってしまい、担当者の心象が悪くなると思われ。

 

【業者側対応備忘録】

  1. 担当者の買い取る気のなさにビックリ。
    希望価格とのギャップは埋められないとの話。
    まだそれは許せる。希望価格はふっかけてるしw
    その時のセリフ「金額は上司が決めた価格をそのまま伝えますから」。
    .......唖然。
    頭の中で「この店は二度とないな」フラグが立ちますた。
    とても客商売しているとは思えない。
    担当者に買い取る気があるのなら、その上司を説得してでもギャップを埋めようとするのがキミの役目でしょ?
    少なくとも客に対して言うセリフでは無いよね?
    会社として買い取りたいから手を挙げた(査定)んでしょ?
    結果無理なのかもしれないけど、頑張ってくれたら人として情も湧くってもんじゃないのかい??
    別に客だからって上から目線で話したつもりは無いんだけどなぁ。そうとられて機嫌を損ねたのかなぁ。

あわただしい週末になりそうです。

 

あと。
そろそろメインのホラーDVDレビュー再開予定。
2初旬から目を付けている作品がゾクゾク登場しまつ。
らぶちゃん(って出演しているか未確認だけど)もレンタル済みですぅ。

 

ランキングサイト登録中です。応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓
 人気ブログランキングへ

車を買い替えよう【その2:続査定編】

ホラーレビューは一休み。
現在ネタ(DVD)仕入れ中だす。

昨日に続いて車の査定状況です。

【査定状況】

  • 大手A社:1/26査定済み(出張査定)、1/27一次回答(+0.2M)
    ⇒気概(8)、予想以上に低査定額
  • 大手B社:1/26査定済み(持込査定)、1/29一次回答待ち
    ⇒気概(10)
  • ショップC社:1/27査定済み(出張査定)、1/29一次回答待ち
    ⇒気概(8)
  • 大手D社:1/27査定済み(持込査定)、1/30一次回答待ち
    ⇒気概(2)、担当者の買い取る気があるとは思えず(後述)
  • ショップE社:1/28査定予定(出張査定)
  • 大手F社:未定⇒連絡してこないのでもう知らん
  • メーカーディーラーX社:1/26査定済み、1/27一次回答
    査定金額基準±0
A~F社は中古車ディーラー、X社は自動車ディーラー(メーカー)
こちらからA~F社それぞれの査定金額は伝えない。
こちらの希望額は伝え、メーカーディーラーの下取り査定額は必要に応じ伝える。

本日の成果

  1. 大手A社(一次回答)
    予想を大きく下回った回答
    結構買取に意欲を見せていたのだが期待外れ。
    うーん。期待しすぎなのだろうか?
    おそらく一次予選落ちと思われ。
  2. ショップC社(査定⇒持ち帰り)
    査定担当は結構前向きっぽかった。
    期待している店なので、週末の一次回答が楽しみ。
  3. 大手D社(査定⇒持ち帰り)
    担当者の買い取る気のなさにビックリ。
    希望価格とのギャップは埋められないとの話。
    まだそれは許せる。希望価格はふっかけてるしw
    その時のセリフ「金額は上司が決めた価格をそのまま伝えますから」。
    .......唖然。
    頭の中で「この店は二度とないな」フラグが立ちますた。
    とても客商売しているとは思えない。
    本人に買い取る気があるのなら、その上司を説得してでもギャップを埋めようとするのがキミの役目でしょ?
    少なくとも客に対して言うセリフでは無いよね?
    会社として買い取りたいから手を挙げた(査定)んでしょ?
    結果無理なのかもしれないけど、頑張ってくれたら人として情も湧くってもんじゃないのかい??
    別に客だからって上から目線で話しているつもりは無いんだけどなぁ。そうとられて機嫌を損ねたのかなぁ。
  4. メーカーディーラー(一次回答)
    やっぱり予想より少ない。
    こりゃ期待しすぎ⇒下方修正するしかないかも。
    あまりに値段が付かなかったら買い替えは止めるかもしれません。
    現時点の相場が判ったことで良しとします。

 

今回(前回もだが)の査定に当たって、査定担当者との会話から、売り手として気をつけておくべきことをまとめておきます。

【査定のポイント】

  1. 可能な限り洗車(室内も)して査定に臨む
    綺麗にしておく⇒大切に扱っている⇒買手も気合い入れて査定
  2. 禁煙車
    僕は喫煙者ですが車内禁煙としてます。喫煙との差額がどれくらいになるのか?今度訊いてみようと思います。
  3. 純正品(オプション)は査定に強い
    後付けでオーディオやホイール、マフラー等、気合いを入れて取りつけ、「さぁスゴイから高く買ってね」は無い。良くてゼロ査定。
    地味であっても純正なら値段がつく。
    理由は業者が買い取った後に、中古車として売る相手が判らないから。特に後付けのオプションは、当人の趣味・嗜好に強く影響されるため、次の購入者が歓ぶとは限らない。
    結果、地味でも機能が劣っても純正パーツであれば、次の購入者に対して「メーカー物ですから」で終わることができる。
    なお新車購入時のメーカーオプションとディーラーオプションはオッケー。査定ではプラスポイントに働く。
    ちなみに僕の車は純正オプしかないので査定アップされました。
  4. オプションの中でもサンルーフ(ムーンルーフ)は高査定
    これは個人的に感じたこと。
    サンルーフ系は新車購入時に付けて置いて損は無い。勿論下取り価格の話。少なくともサンルーフ車は車両剛性が劣化する。下取りと使用時の安全性のトレードオフ。
    中古車屋さん巡っていても、サンルーフがある方を選びませんか?
  5. キズは直さない方がベター
    「査定するから」との理由による修理は、結果的に損をするケースが多い。つまり修理費>査定差額の関係。
    特にチッピングなんて日常的に使っていれば出来るキズ。わざわざ直さなくとも、中古車を探している人の大半は理解しているし、販売営業も「中古なんだからこれくらい付きますよ」と説明すると思う。
    またまたちなみに以前紹介した僕の車のキズ
    そのまま出しますた。
    査定時にわざと「直したら査定上がるの」と訊いたりするが、各社同様に「あの程度ならあんまり変わりませんね」との回答。余計な手間と金がかかるだけと言われる。
  6. 修理歴は正直に
    事故などで修理した場合、正直に伝える。
    隠しても見れば判ってしまい、担当者の心象が悪くなると思われ。

また気が付いたら増やします。

 

【メタボ撲滅記録:1/27】

  • 体重:90.0kg(前回比:±0kg)
  • 体脂肪率:未測定(前回比:---)
  • 基礎代謝量:未測定(前回比:---)

ランキングサイトへの登録情報も変更しました。
「クリック」していただけると減量の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

プロフィール

○○○○していって...

Amazonライブリンク
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ