恐怖 [DVD]
恐怖 [DVD]
クチコミを見る

 

今日は日本のホラー映画「恐怖」です。

最近レンタル解禁になって視聴しました。

 

吊り書きに「『リング』の高橋洋『呪怨』の一瀬隆重が贈る狂気ホラー。」とあって期待していた映画です。
ただ、口コミ評価が悪かったので半信半疑での視聴。

結果。

観終わった感想は、大変残念なものでした。

ぶっちゃけ視聴した時間を返して欲しいとも思った位です

 

一番残念なのは、何が怖いのかサッパリ判らないところですかね。

ホラー映画と語るのであれば、その作品のウリってやつがありますよね。

例えば「映像が怖い」「クリーチャーが怖い」「音楽が怖い」「物語が怖い」「心理描写が怖い」等々...

でもこの作品には、そういったウリとなる怖さを全く感じません。

 

一体制作側は何を提供したかったのでしょうか?

言ってみれば、これが最大のミステリーですかね。

 

期待値が大きかった分の落差だけとは思えない作品でした。

  • 制作年 : 2009年(日本)
  • 制作 : 一瀬隆重
  • 監督・脚本 : 高橋洋

物語です。

 

冒頭、古臭い映画のシーンカット。

どうやら第二次世界大戦中の日本軍の人体実験の様子を写したものらしいです。

被験者の頭を切り開き、脳みそに電流を流すことで、通常体験できない幻覚を見る実験映像。

見ているのは医師の夫婦。

彼ら夫婦の研究が、旧日本軍で既に行われていたことを知ったようです。

図らずも二人の子供(姉妹)がその映像を見てしまいます。

そこには画面いっぱいの光に満ちた映像でした。

 

17年後。

成人した姉妹。

 

姉(中村ゆり)は自殺サイトで知り合った5人の男女で集団自殺を図ります。

彼女が自殺する理由は判りません。

しかしその自殺は彼女の母親(片平なぎさ)による企てで、自殺を企画した男が母親の助手だったのです。

企画した男を除き、仮死状態となった4人の男女が拉致られます。

彼らは母親の被験者として病院のような場所に運ばれます。

 

一方、姉が失踪した主人公の妹(藤井美菜)は、姉の恋人と一緒に彼女を探します。

姉のパソコンを警察も調査しますが、ログが消されていて手がかりが無いとのこと。

DISK上の磁気データを物理的に消去しない限り、普通にOS上でログを消したくらいでは無くならないし、警察もデータサルベージくらいはすると思うんですが.....

大したことない事件と思われているんですかね?

まぁ、そこはスルーしてあげましたw

 

と、ストーリーは妹が姉を探す過程で母親の行っている研究を知り恐怖する、といった内容です。

 

 

背景、設定も判りにくく、だいたいの全体像が見えてくるのが、終盤30分くらいでしょうか。

設定自体(所謂霊魂は脳が生み出す物質)も目新しい所なく、冒頭にも書きましたが、全然楽しめませんでした。

 

総合評価★☆☆☆☆

  • 面白さ:
    ★☆☆☆☆
  • ホラー度:
    ★☆☆☆☆
  • グロ度:
    ★★☆☆☆
  • サイコ度:
    ★☆☆☆☆
  • ミステリー度:
    ★★☆☆☆
  • サスペンス度:
    ★☆☆☆☆
  • アクション度:
    ★☆☆☆☆
 

あんまり気乗りしないのですが、続きはネタばれです。

といっても、何をバラしていいのかも判りませんwww


非常に酷評となり、申し訳なく思ってしまうくらいです。

面白い作品はこちらで探します。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

(続き)ネタばれです。

 

 

【脳みそに電流流してみた】

旧日本軍の映像や母親の研究シーンで、覚醒したまま脳をさらけ出すシーンがあります。

当blogでもレビューした、ハンニバルが頭をよぎります。

曰く「脳は痛みを感じない」と。

本映画では脳の特定部位に電流を流すと幻覚を見ることになります。

手術台に寝ている自分を上から見下ろしている自分。

そしてよくわからない機械を埋め込まれます。

 

観ていて怖くも痛くもありません。

 

 

【処女懐妊】

拉致されたメンバーで姉以外の女性が処女のまま懐妊します。

何を身篭ったのでしょう。

母親はエコーで腹部を確認します。

そこに映ったものは、何者でもない「何か」でしたw

モニターには混沌が映され、やがて光に満ちてきます。

 

この映画の制作側が何したいのか、よくわかりません

 

 

【産まれ落ちたもの】

曰くあの世だそうですw

なんかCGで煙のようなものが迫ってきます。

 

 

【麻酔なしに頭に穴を開けてみた】

母親も姉が「何を見ているのか」知りたいと、姉に自身の頭に機械を埋め込むように指示します。

「麻酔はいらない」と母親。

ドリルで頭に穴をあけられ、母親は姉が見ていたものを知ります。

そして絶叫

それを傍で見ている妹。

 

何を見たのか、視聴者には教えてもらえません。

だ・か・ら、何が怖いの???

って言いたくなりますw

 

 

【最後のシーンは何】

ラストシーンで集団自殺した男女4人が警察に発見、回収されます。

もはや意味不明です。

いままでのお話は何だったの?

誰かの夢なの?

喪服を着た妹が現場を立ち去り...

映画は終わります。

 

僕の頭には????????

 

 

【一番怖かったもの】

DVDには特典映像(?)として2種類のCMが入ってました。

こっちの方がよっぽど怖かったですw

特に入浴後の女性が着替えている場面を盗撮しているヤツ。

下着姿の映像に盗撮している男がハァハァしてますw

女性がカメラから外れて.....

いきなり眼前に現れたゾンビのような女が「見るなぁ~」

 

 

 

以上です。

疲労感しか残りませんでしたw