ペット・セメタリー [DVD]
ペット・セメタリー [DVD]
クチコミを見る

実は予定では「オーメン」を掲載しようかと思いましたが、新年一発目のホラー映画レビューが666とは、仏教徒の僕としても気が引けてしまい「ペット・セメタリー」に差し替えました。

「オーメン」は近いうちに...

 

「ペット・セメタリー」です。

原作はスティーブン・キング。 1983年に出版。

公開:1989年(米)
カテゴリ:ホラー

実は公開当初にビデオを借りて鑑賞しました。
結構インパクトがある作品で、僕としては未だに映像が断片的ながら頭の中に残っていました。

今回再度DVDを視聴してレビューに臨みます。

 

初めにウンチクです。

邦題「ペット・セメタリー」ですが、原題を正しく発音すると「ペット・セマタリー」になります。
劇中でペットの墓場として「PET SEMATARY」と記載された門扉が出てきて、それをタイトルに据えています。勿論キングにより「ワザと」間違えている文字で、綴りもままならない幼い子供がペットの死を悲しんで書かれたスペルという設定です。
意図するところは「Cemetery」=墓場、ですので、映画化にあたり「セメタリー」にされたのだと思います。

もう一つ。

映画の音楽には有名なパンクバンド「ラモーンズ」が担当しています。
とかく怖い音楽になりがちですが、ラモーンズの音楽が随所に採用されて、映像(ストーリー)とのギャップが微妙にマッチしています。
僕もラモーンズはベスト版(ラモーンズ・マニア)を聴いていたころがあります。「電撃バップ(Blitzkrieg Bop)」が好きでした(o^∇^o)ノ

 

冒頭は不気味な墓場の映像で始まります。そしてタイトルでもある「PET SEMATARY」の朽ちかけた門扉。

一転して物語は穏やかで長閑な田舎風景。
そこにクリード一家が引っ越してくる場面から始まります。

しかし街道の先に大企業の工場が建てられており、田舎道(しっかり舗装されていますが)は、およそ場違いな大型トレーラー(コンボイ)が爆音を立てながら行き来しています。

主の医師であるルイス・クリード。妻のレイチェル。娘のアイリーンとまだ幼い息子ゲージ。そしてペットの猫チャーチル

引っ越し早々ゲージが爆走するトレーラーに轢かれそうになりますが、間一髪隣人老人のジャドに助けられます。

ある日一家はジャドに案内され、アイリーンが見つけた小道の先にある「ペット・セメタリー」に案内されます。森の中からひっそりと姿を現す小さな広場。ペットを失った悲しみに満ちた墓地。ジャドはかつての愛犬も眠っていると話します。

ここまでが背景です。
全てが映画にとって不可欠な要素と思われますので、どのようにレビューとして記載しようか悩みました。
余計な描写が極端に少ないんですよ。これが

 

感謝祭の日。
ルイスを残してレイチェルは子供たちと実家に戻ります。
レイチェルの両親と折り合いの悪いルイスは留守番です。
そんな日、ジャドがチャーチルの死体を発見します。
どうやら夜の内にトラックに轢かれたようです。

悲嘆にくれるであろうアイリーン。
ジャドはアイリーンが死を受け入れることが出来る歳ではないと考え、ルイスを小道の先にあるある場所へ導きます。

そして埋葬された死体が蘇える場所

...................
...............
...........
.......
....

 

「ゾンビ系」あります。
「痛い系」あります。
「グロ系」今一つかな。

上記要素もストーリーに味付けされる程度の無いようです。

物語の進行のテンポも良く、終わりまで一気に観れると思います。

映画の中では一貫して「」の持つ意味を問いかけてきます。
ホラーなので不気味な映像表現もあるのですが、そこは単なる怖い映画では終わりません。

また古いものと新しいものの狭間にある「何か」。
そのギャップ。それの意味するものが背景として感じられます。

なんか中途半端な言い回ししかできずにスミマセン。

ホラーものですが、家族で観ても良いかもしれませんね。主題は重い話ですが(笑)

 

総合評価★★★★☆

  • 面白さ:
    ★★★★☆
  • ホラー度:
    ★★★★☆
  • グロ度:
    ★★★★☆
  • サイコ度:
    ★★☆☆☆
  • ミステリー度:
    ★★☆☆☆
  • サスペンス度:
    ★☆☆☆☆
  • アクション度:
    ★☆☆☆☆

「ペット・セメタリー2」も出ています。
既に借りていますが、まだ観ていません。
時期をみてレビューしてみようかと思っています。

 

続きはネタばれです。

 

ランキングサイトに登録しています。
よろしければ「クリック」をお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

(つづき)

ネタばれですぅ(*゚▽゚*)

 

いろいろあるんですけど、思いついたままに順不同で...

 

 

【パスコウの死に際】

医師のルイスの初出勤。
いきなりトラックに轢かれた若者が担ぎ込まれます。
すでに手遅れの状態の若者パスコウ
頭はかち割られていて脳みそ見えてます。

ルイスの健闘むなしく、パスコウは目の前で息を引き取ります。
助けられなかった自責に駆られるルイス。と、いきなり

パスコウがルイスの腕を取り
「男の意志は岩より固い」
「また目の前に現れる」
と言います。

その夜ルイスが寝ていると、死んだパスコウ起こされます。
死に際同様、頭かちわられたままのゾンビ状態です(笑)
でもって、結構気軽に立ち回っています。
ベッドから立たないルイスに、ドアによりかかって腕組みしながら「早くしろよ」みたいなw

ルイスは夢だと思いパスコウに「手の施しようもなかった」と弁解します。それでも導かれてペット・セメタリーへ連れてこられると...

墓場の奥。その一線を越えてはいけない。

とパスコウは告げ、ルイスは気を失います。

翌朝ベッドで目覚めたルイスは、自身の足が泥で汚れていることに気づき愕然とします。

 

【チャーチル復活】

最初の「やってみた」ですw

ジャドの言うとおりにチャーチルを埋葬したルイス。
翌日蘇えったチャーチルを発見します。
驚くルイス。

しかしチャーチルの性格は一変していました。
攻撃性が強くなり、凶暴になっていたのです。

なにはともあれ(?)蘇えったチャーチルに、「アイリーンが悲しまずに済む」と安心(?)するルイス。

この場所こそがパスコウが越えてはいけないと警告した場所です。
死者が蘇える場所。ペット・セメタリー。
ネイティブアメリカンの墓地。

これでルイスのレベルが上がりました(笑)

 

【家政婦さんの自殺】

よくわからなかった場面です。

この家政婦さんってジャドのヨメさん?
自身が癌であること、そしてその苦痛に耐えられずに首を吊って死んでしまいます。

埋葬されるシーンでは、クリード一家も参列します。
改めて「死」に疑問を抱くアイリーンを描きたかったのでしょうか?
ストーリーとの関連性がイマイチハッキリ感じられませんでした。

 

【レイチェルの過去】

レイチェルのトラウマです。

子供(といっても物心がついた時分と思われ)のころ、レイチェルには病気の姉がいました。
脊椎の病気の姉は、世間の目から隠されるように、両親から屋根裏部屋に軟禁(?)されていました。
姉の世話は、もっぱらレイチェルの役目だったようです。

日に日に衰えてゆく姉。
病気のため、奇妙によじれた身体はベッドから出ることもできません。
レイチェルはそんな姉を「気味が悪い」と感じており、世話をするのも苦痛でした。

両親が不在のある日、ついに姉はレイチェルの目の前で発作を起こして死んでしまいます。ビックリして逃げ出すレイチェル。まるで「自分が殺したと思われる」ことを恐れ、自己弁解しかしなかった自分に負い目を感じていました。

レイチェルも幼いころ、目前の「死」を体験していました。

 

【実は親切なパスコウ】

パスコウはアイリーンの夢にも出てきて、間接的にルイスを助けようとします。ただアイリーンには怖い夢としか認識されず、また名前も「パクスコウ」と誤って認識されてしまいます。

パスコウの善行を思い出せるままに列記します。

  • 最初のルイスへの直接的警告(越えてはいけないってやつ)
  • アイリーンの夢でルイスが悪いことをしないように進言
  • ゲージを蘇えらせようとするルイスを止めようとする
  • ルイスの危険に駆けつけるレイチェルをサポート(飛行機の搭乗遅れ、レンタカー手配)
  • レイチェルを蘇えらせようとするルイスを止めようとする

でも結局ルイスは止められませんでしたけど。

ゾンビ状態ですがいいやつでした。

 

【ゲージの死】

蘇えったチャーチルと一緒に、ジャドと一家団欒凧上げするルイス。
ゲージに上げさせようと糸車を持たせますが、ゲージは落としてしまいます。
風に乗った凧は糸車を引きずりながら道路へ。
よたよた追いかけるゲージ。
爆走してくるトレーラー

ルイスはゲージに気付きますが、目前でトレーラーに轢き殺されてしまいます。

でトレーラーも転倒してしまうんですが、この運ちゃん。
やっぱりラモーンズの曲をガンガン、ノリノリで聴きながら運転しています。曲は「シーナはパンクロッカー」です。
そりゃスピードも出したくなるでしょう。
ゲージに気付くのが遅くなっても仕方ありません。

いや。ダメですね。
キチンと前方に注意しながら運転しないといけません

 

【ゲージ復活】

悲嘆にくれるルイスは、チャーチル同様にゲージを彼の場所へ...

再埋葬で疲労困憊のルイスは家に着くなり寝てしまいますが、その間に蘇えったゲージがルイスのメスを手に入れます。

「メスを手に入れた」ゲージはジャドの家へ...
ジャドとかくれんぼです。

ライフル片手にかがみこんで家具の下を恐る恐る覗くジャド。

そのジャドの足首(アキレス腱)をメスで切り落としてゆくゲージの手

かくしてジャドはゲージに殺されてしまいます。

チャーチル同様、ゲージも元のゲージではありませんでした。

 

【レイチェル到着】

ルイスの危機にパスコウの陰ながらのサポートを受け駆けつけたレイチェル。到着早々ジャド一家の異変に気付きジャド家へ。

待ちうけているのは、凶暴化したゲージ。
意味もわからず混乱しているレイチェル。

哀れレイチェルはゲージにより絞殺(たしか)されてしまいます。

 

【ルイス】

目を覚ましたルイスは、小さな足跡と自分のメスが無くなっていることに気付きます。足跡をたどりジャド家へ。

そこにはジャドとレイチェルの死体が

自分の行ったことに気付くルイスは、まずチャーチルを安楽死させます。
次にジャド家でゲージと対峙します。

ゲージに切り刻まれながらも、その首に注射(おそらく安楽死させるための薬)します。

ゲージは「ずるいや」とルイスを非難します。
「ずるい」と言いながら、ゆっくりゲージは動かなくなります。

ルイスの我儘で蘇えったのに...
大人の勝手で蘇えったのに...

再び「殺されて」しまいます。

 

【レイチェル復活】

ルイスは学習しません。

今度は死んですぐだからと、止めるパスコウを振り切りレイチェルの死体を彼の場所へ埋めます。

蘇えったレイチェル。
死んだ時のまま、片目を飛び出しながら家に戻ってきます。

泣いて喜ぶルイス。
レイチェルとの抱擁。

しかしレイチェルの手は、テーブルにあったナイフを手に取り...

悲鳴と共にエンドロールです。

 

【なぜ同じ過ちを犯すのか?】

ルイス。学習しないですね。

しかし。

 

ペット・セメタリーのような場所を知ってしまった自分が、実際に愛する人(もしくは動物)の死に直面した時、ルイスの行動を否定できるのか?

自分でも自信が持てません。

 

 

 

以上です。
長くなりすみません。
見所が多いと解釈していただければと思います。