fuhousinnyuu

不法侵入 [DVD]
クチコミを見る

【制作】1992年(米)
【監督】ジョナサン・カプラン
【原題】Unlawful Entry

【カテゴリ】サイコ・サスペンス

気になっている俳優、レイ・リオッタ出演の映画です。
レイがサイコ警官役として出演しています。

ハンニバルアイデンティティ、と何れもサイコ系ヒール役で、存在感を感じた役者さんです。

ホントこういった役どころにはハマる役者さんの一人だと思います。

ということで、レイ・リオッタ繋がりで、期待しての視聴です。

【キャスト】

  • マイケル・カー(カート・ラッセル)
  • ピート・デイビス(レイ・リオッタ)
  • カレン・カー(マデリーン・ストウ)
  • ロイ・クール(ロジャー・E・モズレー)

 

【ストーリー】

冒頭はヘリから撮影された映像です。
警察が現場検証しています。
傍にはプール付の住宅街並んでいます。
つまり背景として、新興の高級住宅街ではあるが、一つ外れれば未だ犯罪が途絶えない場所であることを映像で説明しています。

そこへマイケル、カレン夫妻は越してきました。

マイケルのお仕事は建築家?空間プロデューサー?でしょうか?
ハッキリしませんが、上記のような家に住むことが出来る人種ではあります。

ある夜、夫妻の家に泥棒が侵入します。
マイケルはゴルフクラブを片手に応戦しますが、カレンを人質に取られ、賊に逃げられてしまいます。幸いカレンにけがはありませんでした。

その後、駆けつけた警官。ピートとロイです。
興奮状態のマイケルは拳銃を購入するといいますが、カレンは断固反対します。ピートとロイも素人が拳銃を所持することは否定的です。
そこでピートは最新のセキュリティシステムを導入することを勧めます。

翌日ピートは、非番にも拘らずセキュリティ業者と警察を引き連れ、カー夫妻宅へ訪れます。
そんな「気軽に付き合える警官」ピートに、カー夫妻は気を許してゆきます。

マイケルはピートに打ち明けます。
あの夜、自分は泥棒を捕まえるチャンスはあったと。
しかし動くことが出来なかったと。
そして「今度会ったらただじゃおかない」と。

ある日、ピートはマイケルに夜の巡回を誘います。
警察の巡回に興味を持ったマイケルは誘いを受けます。
ピートとロイのコンビ+マイケルは夜の街を巡回します。
そこにはマイケルの知らない犯罪の匂いが立ち込めていました。

一通り巡回を済ませた3人。
ロイを警察に下ろして、ピートは「もう一か所行くところがある」とマイケルと2人でパトカーに乗りその場所へ向かいます。
そこには、マイケルの家に侵入した泥棒がいました。
ピートは乱暴に泥棒を扱い、さらに、マイケルに向かって警棒で「殴れ」と指示します。
当惑するマイケル。
ただじゃおかないといったいただろう」とピート。
それでもマイケルは殴れませんでした。
代わりにピートがボコボコにします。

そんなピートの姿を目の当たりにしたマイケルは、カレンに二度とピートに会うなと言います。

そこからピートの粘着が始まります。
いや。はじめに駆けつけた時からかもしれません。
ピートのカレンを見る目が尋常ではなくなってきます。

サイコ警官に睨まれた夫妻。

ピートは警官の立場を使い、あらゆる手段でマイケルを追い込みます。
一方でカレンの気持ちを奪おうとします。

結末は...

続きのネタばれとします。

 

【所感】

期待値が高かったためか、今一つの作品でした。

一番の残念感は、ピート(レイ・リオッタ)の異常性があまり感じられなかったことだと思います。 
ネタばれになるので多くは書きませんが、いくつか理由をあげます。

  • ピートがカレンに執着する理由、そこに至る経緯が判然としません。「一目ぼれ」と表現してしまえばそれまでなのですが、期待としては「単なる恋愛」ではなく、「歪で極端な恋愛」があったのですが...
  • ロイの存在感が無い
  • 拳銃の扱いの矛盾
  • 物語の結末として、ストーカーが警官だったらの一言で終わってしまう内容

カート・ラッセルもイマイチしっくりしませんね。
ヘタレ役であれば、徹底してヘタレであって欲しいのですが、、妙な所で男気を出してしまっているような。

記事を書いていて思ったのですが、演出が中途半端だと思いました。
いろいろイベントがあるのですが、背景や行動理由が判然としないように感じます。
そこらへんも面白みに欠けた作品になった理由かと思います。

それでもレイ・リオッタはサイコ役がハマっていますね。
あの表情の無い瞳。
白眼の中に黒目が点のような目。
爬虫類を思わせます。

個人的評価は★★☆☆☆です。

  • 面白さ:
    ★★☆☆☆
  • ホラー度:
    ★☆☆☆☆
  • グロ度:
    ★★☆☆☆
  • サイコ度:
    ★★★☆☆
  • ミステリー度:
    ☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:
    ★★☆☆☆
  • アクション度:
    ★★☆☆☆

B級作品であると思いますが、それでも残念感が残る作品でした。

続きはネタばれです。

ランキングサイトへ登録しています。
お手すきでしたら「クリック」をお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

(続き)ネタばれ注意

 

【最初の出会い】

賊に入られたときにピートとカレンは出会ってしまいます。
尤もカレンはマイケル一筋なのですが...

  • 不自然感を感じます。なんでピートがそこまでカレンにのめり込むのか?理由が判りません。
  • ここで理由がはっきりしないので、最後まで判然としない物語になってしまったような気がします。

 

【拳銃について】

賊に入られてマイケルは拳銃の所持を主張します。
しかしカレンやピートに反対され、その場では所持しないような雰囲気でした。
結局はカレンに内緒で拳銃を所持してしまいます。

  • 日本とアメリカの違いといいましょうか。拳銃についてのアメリカ国内の論調が反映されているのかもしれません。
  • カレンが所持に否定的な背景も判りません。教師だから?では説得力不足かと思われ...
  • ラストで購入した拳銃が役に立ったかというと、そうではないんですよね。映画的にマイケルが拳銃を所持する理由が判りません。

 

【マイケルに降りかかる不幸】

どのような経緯、手段を使ったのか判りませんが、マイケルの周りで不幸が起きまじめます。

  1. スポンサーとのディナーで、支払いの段になって「マイケルのカードが利用できない」といった恥をかく
  2. 駐車違反で600ドルの罰金を払わされる
  3. スポンサーが突然降りると言い出す(尤もコレはピートのいやがらせがハッキリしているが)。
  4. セキュリティ誤動作(ピートの仕業と思われ)で、夫婦のセックス中にピートとロイが駆けつけます。
  5. 警察へ苦情を言いますが、、満足に取り合ってもらえません。

そして極めつけは...

 

【マイケルとロイ】

マイケルはピートの異常性について、相棒であるロイに相談します。
渋りながらもロイはマイケルを受け入れます。

  • 内容は判りませんw
  • どんな会話があったのか、ピートの異常性とは、ロイの口から聴けるものかと思っていたのですが、シーンはカットされてました。
  • しかし、その後ロイがピートに警告するシーンがあるので、ロイはマイケル側についたと思われます。
  • その点ではロイもピートの所業には辟易していたのでしょう。

 

【ロイ終了のお知らせ】

ロイはピートに相棒として警告します。
曰く、カレンに二度と接触するな、と。
そして休暇を取って24時間中に病院へ行けと。
さもないと、今までのコトを全部部長にチクると。

その夜。ピートとロイはいつも通り巡回しています。
普段なら見ないふりをする麻薬の密売現場をピートが摘発しようとします。逃げる密売人。パトカーで追う2人。
追い詰めた先で、ピートはロイを射殺します。
ロイを撃った拳銃を密売人に持たせ、ピートはロイの拳銃を使って密売人を射殺。再びロイの手に密売人を撃った拳銃を持たせ、ロイと密売人が殺しあった構図が完成します。
死にゆくロイを椅子に座ってゆっくりと眺めて待つピート。
無表情のまま「チクらせない」とロイに伝えます。

  • ピートの異常性が加速してゆきます。

 

【マイケル投獄】

マイケルは麻薬密売の容疑で投獄されます。

ある日、警察が押し寄せ家宅捜索されます。
出てきたのは見覚えのない麻薬。

でっち上げの事件で投獄されるマイケル。
牢屋には、かつて自宅に忍び込んだ泥棒もいます。

  • ここら辺はリアルで怖いですね。
    正義とかではなく、権力に逆らった者の末路といいましょうか。

裁判シーンでは、マイケルの過去の軽罪が明らかにされ、保釈金25万ドルを言い渡されます。

 

【カレンに近づくピート】

マイケルが投獄され、心身ともに参っているカレン。
このころにはピートの異常性もカレンは感づいています。

同僚(♀)がカレン宅で世話しています。
そこへ、食料を届けにピートが来ます。
しかし同僚はドアを開けません。
ピートは食料を玄関先に置いて消えます。
ドアを開け、食料を手にする同僚。
と、その手が握られ...

カレンが階下に下りてくると、そこには同僚ではなくピートが料理を作っていました。

  • うーん。
    同僚がドアを開けてしまうのは仕方ないのですが...
    一視聴者としては殺害シーンが欲しかったですね。
    サイコのピートがどんな手段を使うのか?
    気になりますが、そのシーンはありません。残念。

カレンは逃げようとしてピートをだましつつドアに迫ります。
セキュリティを解除し、ふと見るとペットの猫が物置に...
物置を開けてぬこを抱いたその先に同僚の死体を発見します。

  • ちなみにこのぬこさん。結構太っています。なんかの象徴なのかな?

 

【エンディング】

友人である弁護士に保釈金を工面してもらい、マイケルはカレンの待つ我が家に駆けつけます。

ピートVSマイケル最後の闘いです。

マイケルはもみ合いながらも、辛うじてピートを階下に突き落とします。
ぐったりと動かないピートを、カレンとマイケルが跨いでドアを開けます。
すると背後にピートが立ち上がり...

マイケルは躊躇することなくピートを射殺します。

  • ヘタレマイケル返上でつねw
  • ちなみに使われた拳銃はピートが所持していたもの。
    結局自分で購入した拳銃は使いませんでした。
    アイテムの使い方もちょっといただけません。
  • ピートのデッドエンドは仕方ないのですが、やっぱり死にざまがイマイチなんですよね。
  • 被るのですが、ヒッチャーのルトガー・ハウアーデッドエンドの方が何倍もスッキリするんですが...

 

個人的には「欲しいシーン」は無くて、「いらないシーン」が多い作品だと思いました。

 

以上です。