ester公開:2009年(米)

監督:ジャウム・コレット=セラ

原題:Orphan

 

 

【キャスト】

  • ケイト・コールマン(ヴェラ・ファーミガ)
  • ジョン・コールマン(ピーター・サースガード)
  • エスター(イザベル・ファーマン)
  • シスター・アビゲイル(CCH・パウンダー)
  • ダニエル・コールマン(ジミー・ベネット)
  • マックス・コールマン(アリアーナ・エンジニア)

結構前にDVDで観て、記憶を辿りながらレビューしてみました。
大筋は間違っていないと思いますが、細部は異なるかもしれません。
いいかげんでスミマセン

物語はケイト・コールマンが第3子を流産することから始まる。
夫ジョンは傷心のケイトを癒すために、養子を貰うことを提案し、ケイトと共に孤児院を訪れる。

孤児院で元気に遊ぶ子供たち。孤児院の窓から夫婦を見つめる目。

ケイトはある部屋で一人で絵を描く少女を見つけ、話しかける。
絵が上手な少女とケイトはすぐに打ち解ける。
ケイトは孤児院のシスターアビゲイルに少女を養子にすると告げる。

少女の名はエスター。9歳。

その雰囲気と同じく、利発で少し大人びたエスターは、コールマン家の一員として歓迎された。
そんな彼女は首と手首にかかさずリボンをつけている。

 

ゆっくりと、徐々に本性を現してゆくエスター。

 

まず難聴の妹マックスを手話を体得することで手懐ける。
次に反抗的な弟ダニエルの弱みを握り掌握する。

またエスターは自分を馬鹿にした、近所の子供たちのリーダー的少女にけがをさせる。

その頃からエスターの様子を疑いだすケイト。

しかしエスターはいち早くジョンを味方につけ、逆にケイトが悪者になるようにしむける。ケイトに苛められる養子役を周到に実行してゆくのだ。

次第にケイトが家族から孤立してゆく中、エスターは自身の真相に迫ったシスターを妹に手伝わせて殺す。
エスターはマックスを共犯者にさせることで完全に支配下に置く。

エスターが何者なのかを探るケイト。

兄妹はエスターが怖くてケイトに真実を告げられない。

 

やがてクライマックスで「驚愕の事実」が判明する。

この映画で怖いと思った所は、あどけない子供(=エスター)が、人を傷つける算段を計画し、無表情に実行(殺傷)してゆく。
映像は最初からエスターの犯行を隠さず、「犯人は誰?」といった謎解きはない。
逆に計画段階から実行までを記録しており、エスターの怨念めいた執着にもゾクゾクさせられる。
「恨みはらさでおくべきか」といった意思が随所で感じられる。
なんか「キャリー」を思い出すような執着だった。

あと難聴の妹役。
たしかにこの妹は保護欲をそそられる部分がある。
wikiによると役者であるアリアーナは本当に聴覚障害を患っており、劇中の手話や読唇術も日常的なことらしい。

さて、唯一の謎で視聴者が気にかけるは、

「彼女は何者なのか?」

「彼女の目的はなにか?」

だけだ。

 

前者はクライマックスと共に判明するが、後者は語られていない。

のだが、個人的に「幸せな家族」、単に人並みの幸せを手に入れたかっただけだと思いたい。

 

個人的評価は★★★☆☆です。

 

続きはネタばれです。

 

ランキングサイトに登録してます。
毎度ですが「くりっく」いただけると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

(つづき)

ネタばれ注意

 

 

 

 

【エスターの年齢】

ロシア出身?
たしか30台だったかと記憶している。
僕的には結構衝撃を受けた設定でした。

身体だけ年を取らない特殊な病気だったかと。
かつ、興奮すると凶暴になる性格。
ロシアで何人か殺害し、病院に収監されていたが、逃亡してきた。

ラストでケイトとマックスを追い詰める、エスターのすっぴんはびびります。

イザベル・ファーマン(13歳)
本当のすっぴんは可愛いですけどね

 

【エスターの部屋】

一見、普通の部屋。
エスターの描いた穏やかな家の絵が飾られている。
しかしブラックライトを照らすと、そこには炎に包まれる屋敷に豹変する。
また壁一面に描かれたジョンとケイトの密事が生々しく映し出される。
ゾクゾクしますね。これが子供の描いた絵かと思うと。

 

【エスターの狙い】

明確な答えは語っていないと思った。

酒に酔ったジョンを化粧して誘惑するシーンなどから、エスターはケイトを抹消してジョンを奪おうとしていたのは判るのだが。

それだけなのか?視聴者に委ねられているのか?

 

【アナザーエンディング】

たしか本編はエスターデッドエンドだったと。

アナザーとしてDVDに収録されていたのは、ラスト、エスターが警察官に囲まれた家から凶器を持ちながらゆっくり出てくるシーンで終わっていたと記憶している。
そのときなんか喋っていた(唄っていた)ような気もするが記憶が曖昧です。

 

以上です。